2008年09月24日

ペンギンの触りごこち

 先週末に八景島シーパラダイスに行ってきた訳なんだけど、無抵抗なペンギンや白イルカの本物に触れるだなんて知らなかった。何このスペシャルイベント。白イルカは近くで見るとすっごく大きくて、ちょっと怖かったけど可愛いらしい顔をしていて、僕に背中を触らせてくれた。顔のあたりを触られるのが嫌いみたいで、噛みつかれたりすることもあると係の人が注意をしていたので、白イルカの大きさにビクビクしていた僕は、もの凄くそっと、背中の触っても怒らなそうなところをさわさわと撫でた。もっとツルツルペタペタのヌルヌルかと思ってたけど、やっぱり君は哺乳類なんだね、という手触り。可愛い。イルカはほんとに、いろいろなことがわかった上で水族館で働いているような気がする。賢い子。僕のハニーはそんじょそこらの肥満児よりも食べ物のことをいつも考えているので、白イルカをみてずっと、ハンペンだ〜、ってゆってた。そして、イルカよりも実はインパクトがでかかったのがペンギンです。小さい小さい可愛いペンギンが飼育さんに抱きかかえられるような感じで、背中を丸めた状態でたくさんのお客さんに触られていた。順番に並んで、お触りタイムは一人2秒くらいしか与えらていない上に、明らかにペンギンが触られるのをそんなに嬉しくは思っていない様がみてとれるので、並んでいる小さな子供達もその愛らしい小さなペンギンを無理矢理強く触ったりする子はいなくて、そっと背中を触っていた。ペンギンを触ったのも初めてなんだけど、オーストラリアで本物のコアラを触った時と同じくらいインパクトがあった。ペンギンって凄く普通に小動物の触り心地。温かいしふぁふぁ。ぬいぐるみとか、ピングーとか、Suicaのあいつよりも100倍くらい実物の方が可愛い。僕の中でペンギンの小動物ランキングが異常に上がってしまいました。ペンギンは本当に可愛いです。あと、水族館施設も素晴らしいものだったし、イルカやアザラシの水上ショーも異常なクオリティだったしで、八景島シーパラダイスは本当に凄い所です。シーパラダイスには行ったことがあるけどイマイチだった、みたいなことを結構みんな言うんだけど、意味が全く分からない。それにしても、ペンギン連れて帰りたかった。ペンギン・・・。あと、綺麗にライトアップされた水槽で透き通ったお肌のクラゲ達がゆらゆら揺れている場所があって、僕がそこで脊髄反射的にポニョのお歌をフルコーラスで歌っていたら、小さい子が僕の真似をしてポニョの歌を歌い出したのはちょっと面白かったです。関係ないけど帰りに入った喫茶店でカプチーノ頼んだら、ウサギが出てきたよ。

usagi_cap.jpg

投稿者 shocola : 21:24

2008年09月15日

suzy's zoo

 Suzy's Zooってあひるのウィッツィーという日本語の絵本が普通に出てるの知らなかったから、今日買ってきた。レジでプレゼント用ですか?って言われたんだけど、俺しか読まないし、ある意味俺へのプレゼントではあるからラッピングしてもらおうかとも思ったけど、ラッピングはせずに帰ってきたよ。俺がぬいぐるみとか会社帰りに買ったりする時も必ず、プレゼント用ですか?って言うのやめてほしい。それにしてもウィッツィーの可愛さは異常。存在自体のふぁふぁ感は他の追随を許さないレベルだね。絵本は今のところ2冊出ていて、これから続編が出続ける模様。

suzy's zoo_01.jpg

suzy's zoo_02.jpg

suzy's zoo_03.jpg

 今週末はハニーが実家に帰っていたので、土曜日休出だったにも関わらず、時間を持て余して必要以上に自慰行為をしたりしてしまっていたので、街にでも行こうと思い、新宿ジュンク堂へ行ってきたのです。あと洋服を見たりした。僕は新宿ジュンク堂が好きなのと、EDIFICEの大きいショップがジュンク堂の近くにあるから新宿東口大好きっ子なんだけど、あと一つ大きな理由があって、東口の中央通りに俺好みの赤いお鼻の可愛い人がたくさんいるんだけど、あの新宿東口の守り神は、きっと新宿の犯罪発生率もかなり下げてると思う。数年前からいるんだけど、これ俺にしか見えてないかもしれないと思ってちょっと前に写真に収めたんだけど、やっぱり写ってました。ヨウコソ チュウオウドウリ。って日本語覚えたてみたいだし、カワユス。

higashiguti_mamorigami.jpg

投稿者 shocola : 21:20

2008年09月09日

憧れ

 チェブラーシカのデジタルリマスター版を見に行きました。全く同じものをDVDで57回くらい観ている僕としては、チェブを綺麗な大画面で見れるだけでも感慨深かったです。チェブは両親もいないし、お友達はワニのゲーナさんに出会うまでいないし、自分の生物学的な種類も分からないし、恐らくまだ幼いし、とてもさみしがり屋だし、そんな彼が唐突に理不尽な形で社会に放り出されるわけです。そして、それほどみんな助けてくれない。いきなり動物園で働けばいいんじゃない?って動物園に連れて行かれた挙句、動物園からは、お前は何の動物の種類か分からないからうちでは雇えないって言われる。そして、チェブを発見した人も冷たくって、今日泊まるところがない、ってチェブが可愛らしくゆってみたら、電話ボックスで寝れば?って言われる。そんなチェブだけど、彼はちゃんと自分の居場所を見つけていく。世の中の理不尽さや、精神的な孤独、そういう誰もが心に抱える不安感や、先行きの不透明さがもたらす疑心暗鬼でネガティブな感情、そういうぐにゃぐにゃしたものをチェブはミラクルな可愛いらしさだけで、ウラーッッ!って叫びながら、可哀想だと思わせる隙を与えない程のキュートさでぶち壊してくれる。チェブがチェブたるアイデンティティを獲得する方法論は、僕にとって、とても力強くて、憧れるのです。

cheburaaa.jpg

投稿者 shocola : 01:14

2008年09月01日

セロ弾き

 最近このサイトを長年みてるひとから数年ぶりのメール貰ったり、そういうのがちょこちょこあって、凄くうれしい。ホムペをやめなくてよかった!生まれてきてよかった!!(ポニョ)このサイトを見始めた時にちょうど妊娠をしていて、もうその子供も大きくなった、とかナチュラルに感動秘話をされたり、色々嬉しいです。そんな中で、僕と同じような感じでモソモソとひっそりと、日記を7年くらい更新(僕よりは真面目に)してる人がいて、そのひとから最近急にメールがきて、ライブをやるので、ショコラさんみに来てくれませんか?って言われたので、最近異常にアクティブなことでおなじみな僕は会社帰りに普通に行ってきました。その人の日記は何年も何年も読んだり読まなかったりしていたんだけど、印象としては実家で猫を飼っていてずるい、というか猫のイメージと一体化してしまっていて、その人自体猫かもしれない、くらいにイメージが膨らんでしまっていたので、ライブっていってもセロ弾きのゴーシュ的なアニマル満載のやつなんじゃないの?ってちょっと真剣に思っていたので、その人に出会ったときの第一印象は、猫がいない!でした。猫を小脇に抱えてる、もしくはその人自体が猫、だとばっかりおもっていたので、猫はどこにいるんですか?って言いかけては心にそっとしまっていました。それに加えて会場に着くまで顔も分からないってことを本当に忘れていて、会場に辿り着いた時に、人がたくさんいたので、演者かお客さんかわからないけど多分このひとだ、と僕が直感的に思った人がいて、その人にテキトーに(高田純次ばりにトークの終着点も何も決めずに)話し掛けたりしてたらメールがきて、その人の今日のお洋服(格好)が書いてあったんだけど今話し掛けてる人と全然違ったので、わーって思って、唐突に話し掛けた人との会話をやめたり、そんなこんなで当人と会えたんだけど、ライブのリハーサルと練習で大変だったみたいで目を真っ赤に充血させながら、ショコラさんほんとにきたwwちょwwwっていう感じで、私は一番最初に出演するから!ただ、ショコラさん前のほうに座らないで!真ん中か真ん中から後ろに座って!緊張するから!って言われて、あんなにきてほしがってたのに、いきなり授業参観のお母さん扱いですよ。ガン見する気満々だったんだけど・・・あと、猫はどこ?って思ったけど、心にそっとしまって楽屋にかけもどるその人を見届け、カウンターでビールを買って、後ろのほうに座る僕。演奏が始まると、僕が心の準備をしていたレベルを遥かに超える普通にかっこいい音楽で、お酒を飲みながらうっとりできました。ほんとに格好よかった。そして、しばらくしてまたカウンターでお酒買って、フライドポテトを頼んだら、ちょっと経ってから尋常じゃない量のフライドポテトがテーブルに運ばれてきて、一人ぼっちの僕は涙目になりながら、横にいた見知らぬ女の子に無理やりフライドポテトを食べさせたりして事なきを得ました。なんか、僕はインターネットの中でも現実世界でも基本的に引きこもってばかりいるけど、たまにはこういう風にお外に遊びに行くのも楽しいことなんだなぁと思いました。そういうわけで、ライフスタイル自体が登校拒否児なこんな僕をお外に連れ出してくれる方は遠慮なく誘ってください。丁寧なクンニリングスをしてくださいとか、ショコラさんにアナルビーズをいれさせてください、とかそういうの以外であれば、どこへでも行きます。あと、本物の猫からの連絡もお待ちしてます。

u-01.jpg

投稿者 shocola : 22:20
アバウト
このサイトについて
メールフォーム
過去ログ
2011年06月
2010年02月
2009年02月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2007年09月
2007年03月
2006年10月
2006年08月
2006年07月
2006年05月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2001年02月
最近の文章
ペンギンの触りごこち
suzy's zoo
憧れ
セロ弾き
リンク
Add Your Links Here
カテゴリ
クルテク[5 items]
チェブラーシカ[4 items]
ムーミン[3 items]
メルヘン[18 items]
検索


メルヘン

初めて観た時には衝撃的でした。世の中にこんなに可愛い生き物がいるものか・・・というような気持ちでいっぱいに。

パペットのムーミンは原作のキャラに近いものを表現出来ているような気がするね。

クルテクさんは奥が深いです。色々なことをメルヘンな物語から学べます。

サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト

 since 2001.02.13
Powered by
Movable Type 3.17-ja
Syndicate this site (XML)