2007年03月15日

京都

 僕の今年の初夢なんだけど、結構インパクトがあったので、いまだに覚えてる。朝起きると僕のおちんちんがリアルなヒヨコになっているっていう夢です。最初俺の股間の当たりにヒヨコがちょこんと座ってると思って、可愛い・・・と思って、そのヒヨコを触ったら、それは僕のおちんちんでした。でした、っていわれても困ると思うけど、夢だから。そんで、最初焦ったんだけど、少しの間そのヒヨコを眺めつつ、触ったりしてたらまた眠くなって、まぁ、いいやって2度寝した、っていうところでその夢は終わり。ごめんなさい、うっかりこのまま2006年を振り返りかねないくらい正月気分になりそうになった。いくらなんでも。もう3月なのに。というか時間が経つの早いなぁ・・・。僕のお父さんが風呂入ってから出てくる早さくらい早い(猫か!ってくらいの風呂嫌い)。そんなわけで、サイトを放置していてごめんなさい。どうか見捨てないください。後10年くらいは辞めないと思います。ま、そんなわけで2006年で僕が一番心に残ってることは、とある公園でお散歩をしているときに、そこになぜか警視庁のマスコットのピーポ君がいたのよ。うわ〜生ピーポだ!と思って少しわくわくしながらみてたら、子供を連れた品のある女性が、子供と一緒にピーポ君と写真を撮りたかったらしくて、ピーポ君に、「ピポーさん、写真一緒に撮っていただけますか?」ってめちゃくちゃ丁寧にお願いしてて、まず名前間違えてる上に敬語すぎることがとても可愛らしくて素敵で、僕はその光景が見れただけで2006年はなんの不満もなかったです。2007年はいいことあるかなー。ごめんなさい、うっかりまた正月気分になってしまいました。初夢のイメージ映像をネットでみつけた。デジャブ?というくらいに再現されてて思わず画像を保存してしまいました。

hiyokoyume.jpg

 実はこの間、僕初めて京都に行ったんですよ。京都のイメージってなんか俺の中で一休さんのイメージしかなくて。京都にいる間中、金閣寺に呼ばれて足利義満とお話してる一休さんのイメージと、あの例のテーマソングばっかり頭に流れてた。まぁ、なんだかんだいっても一番予想外で、SoftBank的だったことは京都にはソフトクリーム屋さんがもの凄くたくさんあることでした。ほんとにびっくりした。修学旅行生用?それにしても尋常じゃない多さだった気がする。可愛い猫を道ばたで発見した時くらいのテンションの上がり方を、ソフトクリーム屋さんをみつけるたびにしていました。あ、そういえば猫もいた。触らせてくれる猫。南禅寺の近くの哲学の道というメルヘンな場所(よく分からないが、雑貨屋さんの前にでっかいクマのぬいぐるみが野ざらしで椅子に座っていたりした。しかも2軒。)があって、そこ歩いていたら人なつっこい猫がおばちゃんと戯れてた。自分の実家の猫が絶望的なくらいに触らせてくれないハニーは狂ったように触ってた。ハニーの実家の猫の懐かないっぷりは本当に話を聞いているだけで、泣きそうになるレベルです。キャットタワーを買ってあげたり、おもちゃをあげたり、貢ぎまくったり、新聞をわざとらしく広げてみたり、猫が近寄ってきそうな家の掃除をわざとらしくしてみたり、色々と気を引こうとしてるけど、宇宙・・・というレベルで懐いてくれないみたいです。猫が家の中で自分の側を通りがかるときにセクハラ上司のような趣で、さわっ・・・って触ったりとか、寝てて寝ぼけてる時にこっそりお腹の白いふぁふぁの部分を触ったりする、というちょっと強引な方法でしか猫欲望を満たすことができず、そんなことをしてまた嫌われて、片思いがストーカーへと変容し、しまいには猫を家の中で追いかけまわすという暴挙に走り、更に嫌われるという悪循環スパイラルを繰り返しているハニーにとって、にゃぁ〜といいながら触らせてくる猫ってだけで、神のような存在のようです。そんな日頃たまった猫欲望をその猫にぶちまけていました。結局ソフトクリームはお茶で有名なお店の抹茶ソフトクリームを食べたんだけど、僕には少し大人すぎる味で、普通のソフトクリームにすればよかった・・・って結構しょんぼりしました。抹茶入れすぎなんだよ。そしてその抹茶がちゃんとした抹茶だから、もう。僕は結局のところ、頭の悪そうなソフトクリームの方が好きなんだろうなぁとおもった。男の子があんまし頭のいい女の子よりも頭の悪くて淫乱な女の子が好きなのと同じです。僕は女の子に関してはソフトクリームとは違って、頭が良ければよいほど好きなんだけども。

 日光や、鎌倉に行った時にも感じたすげーなぁという感動は京都がやっぱし一番凄いかもしんない。昔の日本は仏教というか、お坊さんが政治や、社会に大きな影響力を持っていたんだなぁと。日本はやっぱり一応仏教の国なんだってことを改めて考えさせられた。ナチュラルに宗教が社会に溶け込んでる時代ってのはどんな心地なんだろう。今の日本は鎌倉時代に出来上がったたいくつかの宗派の仏教の流れを汲んだお寺のひとが葬式とかするっていう形式的な部分だけ残ってるだけで、社会的な生活様式だけはキリスト教で、でも別にキリスト自体を唯一神として心の支えにしてるわけでもないし、本当に意味の分からない感じの国なんだろうな日本は外国から見ると。ちなみにタイとかミャンマーとかスリランカみたいなガチンコの仏教の国ではお坊さんは結婚もできないし、オナニーも多分禁止だし、お葬式にも関与しないらしい。日本での葬式はお坊さんで!っていうのはいつ決まったんだろう。まぁそれはいいんだけど、京都で一番良かったのは銀閣寺かもしれない。銀閣寺のお庭の中に、「良い苔(コケ)」「好ましくない苔」「悪い苔」という展示物があって、こんなにたくさん苔の種類あるのに、いい苔ってちょっとじゃん・・・。と一瞬、苔業界も大変だなぁと苔に同情してしまうのだけど、銀閣寺のお庭を見渡すと良い苔ばっかりなのです。そして、太陽の光が緑色のその、良い苔、に反射して、素敵なグラデーションを描いていて、とっても心が癒される。凄く観ていて落ち着く立体的な絵画をみているような感覚というか、とにかく素敵だなぁと思った。苔の種類を把握した僕は悪い苔を見つけるたびにハニーに悪い苔みつけたよ、と報告しながら銀閣寺の中を散策しました。いつの日か苔寺に行ってみたい。

yoikoke01.jpg

 とある団子屋さんに行ったんだけど、そこがすごかった。団子屋さんの看板にウサギの絵が小さく描いてあるだけのことはあった。なんかハニーの頼んだ団子がきたんだけど、大きなお皿にちょこんと6個のお団子が並んでいてその周りをきな粉で絵というかアートな模様になっていて、それがすごい可愛いウサギなのよ。テンションの上がった僕に少し嬉しそうな顔をした観光客用のおおげさな京都弁を駆使するお店のおばちゃんが、このウサギはきな粉だからお団子に付けてお食べやす〜的なことを言うじゃないですか。僕の頼んだ、ぜんざい、がまだきていない時点で俺の中ではどんなウサギがくるのから・・・とテンションが当然上がるじゃないですか。ぜんざいのみで900円というコストパフォーマンスを考えると相当なウサギを期待するじゃないですか。わくわくしながら待ってたら、持ってきたぜんざいのお皿ハニーのやつより大きいのよ。そんで、お店のおばちゃんがどーんってそのお皿を置いて、お皿みると、そのきな粉アートがカラフルなんだよ。そんでおばちゃんが得意げにこれは弁慶と牛若丸を描いてるんですよ〜これが弁慶で、みたいな説明をし始めた瞬間にいっぱいウサギがいるのを想像していた僕のテンションは下がり放題ですよ。そのきな粉アートにぜんざいをぶっかける直前くらいのがっかり感を発動した僕は、もそもそと牛若丸きな粉に団子を転がして絡ませながら食べましたよ。せめて銀閣寺の庭園を抹茶味のきな粉で描いてくれればまだ楽しかったんだけど・・。凄く美味しかったけど。帰るときにふとレジの横ををみると美川憲一のサインが置いてあった。そのお店を出た後に美川憲一があのきな粉アートを初めて見た時のリアクションをやっつけでモノマネして心が少し晴れました。ウサギ・・・。

usagiiiiia.jpg

投稿者 shocola : 01:24
アバウト
このサイトについて
メールフォーム
過去ログ
2011年06月
2010年02月
2009年02月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2007年09月
2007年03月
2006年10月
2006年08月
2006年07月
2006年05月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2001年02月
最近の文章
京都
リンク
Add Your Links Here
カテゴリ
クルテク[5 items]
チェブラーシカ[4 items]
ムーミン[3 items]
メルヘン[18 items]
検索


メルヘン

初めて観た時には衝撃的でした。世の中にこんなに可愛い生き物がいるものか・・・というような気持ちでいっぱいに。

パペットのムーミンは原作のキャラに近いものを表現出来ているような気がするね。

クルテクさんは奥が深いです。色々なことをメルヘンな物語から学べます。

サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト

 since 2001.02.13
Powered by
Movable Type 3.17-ja
Syndicate this site (XML)