2005年01月22日

葉っぱのおうち

 お友達の女の子がエクステンションという文明の利器を使って髪の毛をいきなり伸ばしてきていたのですが、僕の第一印象はオラウータンの赤ちゃんっぽくなって可愛い・・・というものだったのだけども、それをその子に言う寸前にこれって褒め言葉として受け入れてくれないんじゃないのか・・・ということに気付いて、オ・・オ・・大人っぽくなったね・・・。という言葉に変換されてその人に伝えたら想像以上に嬉しそうな顔をしていたので、なんか複雑な気持ちになったよ。赤ちゃんオラウータンっぽくって凄く素敵だよ。って言えるような本当の意味での紳士になりたいです。まぁ、そんなことよりもみなさんお久しぶりです!更新しないならやめちまえよっ!って同情するなら金をくれ!のテンションで言われたりしているのですが、泣きながらサイトを続けさせてください!と土下座で謝りながら今更新してます。サイトは辞めないよ!あと五年は続けるね。忙しいといえば、忙しいのだけど、別に更新する時間がないとかいうことは普通に考えればありえないことなので、純粋に僕の妖精汁がカラカラに乾いてきて、何を書いても、じゅん・・とする文章が書けなくなっていたので、更新ができなかっただけです。若い頃は一日に何回妖精汁を出しても、すぐにまた妖精汁を出すことができたんだけど、今はなかなかそうもいかなくなってきた。それよりも、僕は正月に実家に帰っていたので、犬2匹とかなり戯れてきたり、お洋服を買ったり、母親の料理を食べたり、鬱気味の父親とお話をたくさんしたり、色々と癒されました。犬は面白いね。ちゃお君のお母さん犬(ゴールデン)というのがいて、違うご家庭で飼っているのだけど、名前はハナちゃんとでもしておこう。ハナちゃんは自分の息子や娘がびしょびしょになって川で水遊びをしている時に川にある素敵な石を拾ってきては並べて鑑賞・・・という行為をエンドレスで繰り返すというかなり感受性の豊かな犬なのです。そんなハナちゃんの家庭で子猫を飼い始めたらしいのだけど、ハナちゃんと凄く仲がいいらしい。ハナちゃんの背中に乗って遊んだりしてるらしいよその子猫・・・。その映像を想像しただけでおちんちんがカチカチになるね。世の中にはまだまだ底知れぬ素敵そうな光景というものがあるのです。ちなみにハナちゃんの息子であるうちで飼ってるちゃお君は幼少期に散歩中、野良猫に背中に飛び乗られて鼻先をおもっきりひっかかれるという義父にレイプされたくらいのトラウマを猫に抱いているので、未だに自分よりも何倍も体の小さな野良猫に会うとめちゃくちゃ怯えます。多分あいつ、猫3、4匹に取り囲まれたりしたらおしっこ漏らすと思う。あと、あいつ掃除機未だに怖がる。基本的になんにでも怖がりすぎ。雷も相当怖がってたし。それにしてもハナちゃんの家の子猫がよりによってハナちゃんの背中に乗ったりして遊んでるってのもなんだか皮肉だわ。ちゃお君もいつの日か猫恐怖症を克服して欲しいよ。猫は可愛いからね。猫。猫といえば、僕のハニーが昔仲が良かったという猫の写真を最近やっとみせてもらうことができた。その猫は昔ハニーが実家に住んでいる時の近所の家で飼っていた猫らしいのだけど、ハニーの家にかなりの時間滞在していたらしい。僕は地方都市の街中のマンションに小さい頃から住んでいたので、そのような一軒家の隣で飼ってる猫が遊びにくる、的なことに対してかなりの憧れがある。そういうのを外飼いというのかしら。色々と外飼いに関しては賛否両論あるようで、ご近所さんとのトラブルの原因にもなったりするようですが、そんなことどうでもいいよ。部屋でぼーっとしてたら、窓から屋根を登って猫が家に入ってくるとか、考えただけで勃起する。まぁ、そんな感じですっかり猫に夢中な僕にうちの母親がぼんやりと気付いたらしく、あんた最近ウサギのことそんなに好きじゃないのね、みたいなことを言われてドキッとしたよ。ちなみにそれは、僕がこの猫グッツを売っている店があって、僕が熱心にこのマグカップを買おうか迷っているところをみられたからです。

 というか、最近動物についてしか書いていないので、この人は精神を病んだのかしら、とか思っているかもしれないけど、別にそんなことないですよ。それなりに、色々な人とお話をしたり、遊んだりしてますよ。ただ、最近歳をとってきたり、働き始めてダイブ経ったりして色々気付いたことがあるのだけど、世の中の人ってあんましメルヘンじゃないね。老け込みすぎだわ。根っこの部分でやっぱり、メルヘンな心意気を持ってる人と、持っていない人って老け込み方の速度が全然違うよ。30歳くらいでも、45歳くらいに見える人たくさんいるものね・・・。見た目がとかじゃなくって、なんか色々。現時的なところで、要領の良すぎる人というのは幼い人が多いなぁと思う。今批判されまくってる、ゆとり教育の集中講義を受けさせた方がいい人がたくさんいる。まぁ、例外もいるけどさ。そんなことはどうでもいいのですけど、僕が凄くたまーに会いに行っている公園の猫がいるんですけど、その猫にこの前久しぶりに会いに行ったらいなかったよ・・・。いなかったので、しょんぼりしすぎて行く途中に買ったスタバのコーヒーでマーキング(いつも行くときに途中でコーヒー買うので、臭いで気付いてくれるかしらというストーカーばりの片思い的な理由にてコーヒーをいつもその猫がいる地面に少したらしてみるという病的な行為)をしてきたよ。俺きたけど、お前いなかったから!アピール、をしておいたよ。2ヶ月ぶりくらいに会いに行ったってのにさ。もう死んだのかな。でも、他の猫も一匹もいなかったので、そういうときは本当にみんなどっかで会議してるのか、それともあちらの側の世界にでも行っているのかもしれないですけど、とにかく猫が本当に一匹もいなかった。いつもは少なくとも10匹くらいは見掛けるんだけどさ。そういうときは今までもあったので、たまたまみんなのお昼寝の時間で僕たちがみえないところで、寝ていたんだと思うけど。その猫は僕が行くと必ず膝の上に乗ってきて寝始めて、熟睡して、僕が帰ろうとして起こすと超キレるという何がしたいんだかよくわからない猫です。昔ハニーといっしょにその猫に会いに行ったら、ハニーをチラっと怪訝そうな目でチラ見してから、僕の膝の上に乗ってきたのですが、ハニーがその猫をぐりぐり触ってたらいきなり超キレて、すげー小憎らしい顔でハニーを威嚇し始めて(僕の膝の上に乗ったまま)、僕のハニーもある意味普通の猫よりも傍若無人な人なので、僕のハニーがマジ切れしてたその猫に。ちょっとしたマジ喧嘩が始まりそうだったので、俺がその猫とハニーを仲裁した。ハニーが猫に向かって、この泥棒猫が!みたいなことをブツブツ言っていました。まぁ、そんな感じでハニーとは仲が悪い猫です。いや、ハニーは基本的に猫の扱いは僕なんかよりも全然手慣れているのだけど、その猫とだけはうまくやってけてません。

 最近、没頭で登場した年下の子から、ショコラさんって年上の女の人が好きそうすぎて、というか年下の女の子ともう少しナチュラルなコミュニケーションできないんですか?年上の女の人としゃべってるときと、年下の女の子としゃべってるときのテンションが違いすぎるっていうか、普通逆じゃね?みたいな罵倒をその子にされた。年下の女の子としゃべってるときはほんと童貞みたいな感じだよ、みたいなニュアンスのことを言われて、というかそこまで言われてないけど、俺の被害妄想がそこまで言われたくらいの心持ちになっているので、それくらいのことは言われたような気がしているんだけど、どうなんだろう。多分、僕はこのサイトをやっているせいもあって、このサイトでコミュニケーションをとってくれるひとというのは大抵僕よりも年上の女子か、ほんの少しだけの割合で年上の男子だっていうのもあるかもしれない。現実世界でもそんな感じになっているんだ・・・これが、バーチャルとリアルの区別が付かなくなってしまったインターネット依存症なの?インターネットほとんどしないけど。ということをまざまざとその子に見抜かれてしまって、うぅ・・と思って、何も言い返せなかった。相手は赤ちゃんオラウータンなのに。インターネット依存症といえば、もう一つ。僕はこのサイトで彼女のことをハニーといってるんだけど、この前間違えて現実世界で、彼女のことをハニーって一瞬言っちゃってすぐに気付いて、ごまかそうとして、ごめんちょっと今ハチミツのこと考えてた・・とかわけのわからない言い訳をしたことがある。インターネット依存症は怖いね。そういうわけで、僕は年下もしくは同じくらいの歳の女の子と二人っきりになったりしたときに本気で何をしゃべっていいかが分からなくなってしまうことがあるので、誰かアドバイスしてください。この前机の上にコンドームの空袋に異常に似た風邪薬の袋を誰かが忘れていっていたので、それを手に持ってそこにいた年下の子(赤ちゃんオラウータンとは違う子)に、凄いこれびっくりしたよ・・ってちょっと逮捕されるレベルのセクハラを言ったら、その子に、でもその輪っかの部分が小さすぎるからすぐに違うって私気付きましたよ!みたいなことを満面の笑みで言われてしまって、逆セクハラされてしまって、かなりショックを受けてしまいました。おちんちんがとれるくらいショック受けた。あと、何を話していいかわからずに、チップとデイルの見分け方を教えてあげたら、別にどっちでもいいじゃないですか的なことを言われたので、デイルは基本的にチップに対して劣等感抱いてるからディズニーランドで会った時に間違えてチップ♪とかゆって間違えてデイルに抱きついたらどんだけデイルが悲しむと思ってるんだよ、もっと思いやりの気持ちを持とうよ。的なわけのわからないことをゆったら、そっかぁ・・・て納得してて、えーー!納得なのーー?とか思いました。やっぱり年下の女の子とどうやって接したらいいのかが分かりません。まぁ、そんなことよりも猫が飼いたいです。あと、ベルビル・ランデブーは凄くメルヘンな映画でした。本質的な意味合いでのメルヘンな力を兼ね備えた映画だなぁと思ったよ。

投稿者 shocola : 02:03
アバウト
このサイトについて
メールフォーム
過去ログ
2011年06月
2010年02月
2009年02月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2007年09月
2007年03月
2006年10月
2006年08月
2006年07月
2006年05月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2001年02月
最近の文章
葉っぱのおうち
リンク
Add Your Links Here
カテゴリ
クルテク[5 items]
チェブラーシカ[4 items]
ムーミン[3 items]
メルヘン[18 items]
検索


メルヘン

初めて観た時には衝撃的でした。世の中にこんなに可愛い生き物がいるものか・・・というような気持ちでいっぱいに。

パペットのムーミンは原作のキャラに近いものを表現出来ているような気がするね。

クルテクさんは奥が深いです。色々なことをメルヘンな物語から学べます。

サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト

 since 2001.02.13
Powered by
Movable Type 3.17-ja
Syndicate this site (XML)