2004年07月28日

シュレック2とか

 前からハニーと二人で楽しみにしていたシュレック2を観にいきました。猫がやばい・・・。というのがシュレック2の感想です。宇宙・・・というレベルで可愛いです。正直あの猫をテレビのCMで観たときにこれはやばいなぁと思ったんだけど、観たらやっぱりやばかった。猫さん・・・。殺し屋の猫なんだけど、本当に可愛い。自分が可愛いことを知っていて、それを逆手に取ったようなことばかりしてて本当に可愛い。本当に猫みたいな猫というか、猫なんだけどさ。猫の可愛いらしい部分というのを本当によく表現しているというか、表情とか、動きとか、性格とか、そういうのをみてるだけで、きゅん・・・としました。正直後半は猫ばっかり観てました。なんか、シュレック2が子猫物語くらいに、猫が主役みたいな書き方をしたけど、一応脇役なんだけどね。でも観客もみんな猫に夢中だった。猫がおいしいところをもってくシーンはみんな本当に楽しそうに笑っていたよ。ネット上でシュレック2を観た!というような感想を驚くほど見掛けないのだけど、どういうことよ。明らかにスチームボーイよりは面白そうじゃん。僕はシュレックが大好きだ。別にシュレックのディズニーを小馬鹿にしたような演出とか、皮肉みたいなものは割とどうでもよくて、純粋にあの勢いとか、世界観とか、本来気持ち悪がられるようなキャラクターとかが大活躍したりして一見自虐的なんだけど、実はそうじゃないもの凄くポジティブなものを感じることができて、観た後にとても元気が出るところが好きなんだと思う。最近こういう純粋に笑えて、元気が出るような映画が少ないかと思うのだけど、どうかな。とりあえず、あの長靴を履いた猫さんを観るだけでも1800円の価値はあると思うよ。シュレックの1を観ていない人はまず、1を観よう。

 最近忙しいということもあって、昔のようにふぁふぁと妖精っぽいことを夢想する時間がなくなってしまった。ハニーに最近あなたはまともなことばかり言うようになってつまらないわ。というよくわからない罵倒を受けています。まぁそれはともかく、文章というのはたまに書いていて、それをちょっといじくって、クリトリス(空想上の)もいじくりながらここに文章をアップしたりしているんだけど、一週間前くらいに書いた僕のある文章がパソコンの中に放置されていてこれを今日読んだら、まだまだ俺もがんばれるかな、と思った。こんな感じの文章がHDDに保存されていました。↓

「昨日ずーっと左キンタマがピンポイントで痛くって、なんかとんでもない病に冒されたのかな・・・。とかしょんぼりしてたけど、今日は全然平気だった。昨日の痛さはそんなにめちゃくちゃ痛いというわけではないんだけど、なんか空気で膨らませた丸いビニール状の中に小さな色とりどりのボールがあって、小さい子供がその中で転げ回るみたいなミニアトラクションがたまにあるじゃん。デパートの屋上とかに。なんか、俺の左キンタマがそのアトラクションに使われて、小さな妖精たちが俺の左キンタマの中でポンポン飛び跳ねたりして遊んでいたんだろうなぁ・・・とか昨日は色々考えてた。そんな感じの痛さだったよ。」

nekosann.JPG

投稿者 shocola : 23:12

2004年07月20日

ハッピーターン

hapi.jpg  ハッピーターンって超うまいじゃん。まぁ、それはみんな知ってることだという前提で話を進めさせて貰うけども、俺はずーーっとハッピーターンのことを、「ハッピーたん」と思っていました。不思議ちゃんな女の子が、○○たん♪とか言う感じで、ハッピーという名詞に、たん付けしているのかと思ってた。「幸せ」を人の名前っぽく呼んだりしてなんてメランコリックなネーミングなんだと思ってたのに。っていうかさ、ハッピーターンってどんな意味なんだよ!!とか思って、亀田製菓のサイトを調べてみたら、「ハッピーターンの名前の由来は? →ハッピーターンは昭和52年(1977年)発売の製品です。ハッピーターンが開発されていた時期は昭和48年(1973年)に起きた第1次オイルショックの影響で日本中がとても不景気な状態でした。ネーミングにあたっては文字どおり幸せ(ハッピー)が当社やお客様に戻って(ターン)来るようにと願いを込めてつけられました。従来のおせんべいは「しょうゆ味」というイメージでしたが、いままでのイメージとは違う、洋風の甘いお菓子のような味のおせんべいをということで開発されました。」(参照)ってことが書いてあって、なんか俺が考えているよりもスペクタクルで素敵な名前の由来がちゃんとあって、俺は涙がキラリしちゃったよ。ハッピーが戻ってくるように・・・か・・・。ハッピーターン・・・。でも、正直あのハッピーちゃんというキャラクタは可愛いくはないよね。俺の方が可愛いよ。

投稿者 shocola : 00:27

2004年07月17日

暑すぎ

 よく乗っているバスがあって、その中にたまに凄くファンシーなキャラクターの絵が一面に描かれたバスというのがあって、僕はそれに乗ると少しウキウキする。あ、このまま、妖精の国に行くのかな、とか思ってしまうからね。それから、ぎゅうぎゅうにスーツの人たちがそのファンシーなバスの中に詰め込まれている図というのにも興奮を覚えるね。なんかこういうのはいいな、とか思いながらタイヤの出っ張っているところに体操座りのように座らなきゃいけない席をあえて選んで僕は座るようにしているよ。タイヤのせいで出っ張ってる席は特等席だものルールをこの歳になっても適用し続けているのはきっと僕だけだと思う。ファンシーなバスに乗れた上に出っ張っているところに座れた日なんてのは、今日はいいことあるかしら・・・という気持ちになるよ。あ、それとは関係ないんだけど、また乗り物の話で、今日電車に乗っていたら、もの凄く僕の好みすぎる感じの歯茎の出た女の子が前に座っていて、うわっ・・・とか思いながら、脳直でじっと見続けてしまいました。笑った時の歯茎具合がマジで良すぎた。しばらくして、あ、やばい・・・見過ぎた・・・とか思って急いで目線を外すとその子の友達の横に座っているおばちゃんが僕のことをじっとみつめていて、なんだこれ・・・見つめ合いの三角関係じゃんとか思って、そわそわして、また目線を歯茎ちゃんに移すとびっくりすることにその歯茎ちゃんも僕のことをチラチラみているじゃないですか。何これ。目と目が通じ合ってるじゃん。とは思わずに歯茎ちゃんのこと見過ぎたから、気持ち悪がられてるのかな・・・とか思ってしょんぼりして、目線を下に向けてみたら僕の短パンのチャックがありえないレベルで全開してた。もう少しで俺の魔法のステッキが出ちゃうんじゃないかっていうレベルで全開してたね。おばちゃんも、歯茎ちゃんも、それで僕のことをみていたのか・・・と冷静に納得しながら、ここでチャックをジーーって上げるのも恥ずかしいというか、チャック全開で歯茎ちゃんのことをみつめていた自分の変質者っぷりとか、色々もうなんともいえない切ない気持ちになってしまったよ・・・。とりあえず、自分の膝の上に犬のバックを置いてみたりして、電車降りるまで俯いてた。今日はそんな暑い夏の日でした。

投稿者 shocola : 23:14

2004年07月11日

何かお探しですか?

nanika.jpg 最近なぜだか昔ちょっとだけホストやってた・・・というお友達ができまして、その人に源氏名はなんだったの?とか面白いので色々聞いていたら、その人の源氏名が面白すぎて15秒くらい爆笑し続けました。その人は割と僕と同類の自分で自分のことを妖精と少し思いこんでいる系のキショい男子だったので、話がとても合いました。彼は何の予備知識もなくショコラさんって妖精っぽいですよね・・・と初めて会って割とすぐに言われたので、うわっ!と思いました。俺もまだまだ妖精ぶれるかな・・・と少し自信が持てたと同時に、こいつ自分も妖精っぽいって言われたいのか・・・と思って、僕も同じようなことを言ってあげたら普通にえへへ・・・となっていたので、その僕たちのやりとりをみていた人がもしいるなら信じられないレベルでキショく、非現実的な光景に映ったことだと思います。まだまだ僕の妖精の羽はもげていないっぽいね。最近はそういう自信がついてきました。世の中の人は案外みんな妖精じゃない、ということを最近よく思います。僕の数少ないメルヘン友達のうちの一人が今、一人で旅行というか、深夜特急読み過ぎちゃったという理由で、旅に出掛けてしまって、自分探しの旅だから!と真顔で言いながら本当に行ってしまって凄く心配。最近治安どこも悪いからね。ネットカフェがあればメール送ってよ、といっておいたんだけど、なかなかメールが届かないので、死んでないことを祈ったりしております。今日出発する!という電話があって、一ヶ月程経っているんだけど、今何をしてどこにいるのかな、ということを最近考えたりしてしまいます。彼が旅経つ前に、大麻とか吸わないでね、とかコンドーム持って行ったが絶対いいよ!幼女を買ったりしちゃ絶対駄目だよ、とか紛争地域に間違って入らないようにね、とかわけのわからないアドバイスをしておいたんだけど、(一人旅経験ゼロです僕は)大丈夫かな。半年くらいふらふらするといってたから、帰ってきたら多分あいつ羽が生えてるんだろうと思います。全く関係ないのだけど、最近Amazonで物欲刺激されまくりなのだけど、輸入盤のCDとかマジで安すぎだし(輸入盤のCD規制の法律が決まる前に買い占めろ!システムが僕の中で進行中)、最近始まったエレクトロニクスのものとかも、ほんとにヨドバシとかよりも安かったりするので、色々危ないです。消費という麻薬恐ろしいです。そんな中、高くて買えないようなものまで色々とカートの中に入れまくったりしてエヘヘ・・・とかなって調子に乗っていたらいきなりもの凄くファンシーなキャラクターの絵が出てきて、お探しの商品がありません・・・。というメッセージが出てきました。右上のファンシーなウサギというか、なんとも言い難い妙に説得力のあるキャラクターに言われました。それで、思わず画像保存してしまいましたよ。というか、こいつ天使・・・?お前の本当に欲しいもの、必要なもの、望んでいること、そんなものがここにあるとでも思っているの?的な、資本主義社会の上の方にいるひとたちの手のひらで遊ばれているだけで、消費という餌を与えられて、本当の幸せというものを誤魔化されながら生きながらえているような一般的な小市民たちへのメッセージなんだと思います。僕はこれをみんなに伝えなきゃいけないのかな・・・と思って、ここに書いてみたよ。みんな、本当に必要なものとか、素敵なことって何かを考えましょう。Amazonに住んでる妖精が言ってたよ。

投稿者 shocola : 12:49
アバウト
このサイトについて
メールフォーム
過去ログ
2011年06月
2010年02月
2009年02月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2007年09月
2007年03月
2006年10月
2006年08月
2006年07月
2006年05月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2001年02月
最近の文章
シュレック2とか
ハッピーターン
暑すぎ
何かお探しですか?
リンク
Add Your Links Here
カテゴリ
クルテク[5 items]
チェブラーシカ[4 items]
ムーミン[3 items]
メルヘン[18 items]
検索


メルヘン

初めて観た時には衝撃的でした。世の中にこんなに可愛い生き物がいるものか・・・というような気持ちでいっぱいに。

パペットのムーミンは原作のキャラに近いものを表現出来ているような気がするね。

クルテクさんは奥が深いです。色々なことをメルヘンな物語から学べます。

サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト

 since 2001.02.13
Powered by
Movable Type 3.17-ja
Syndicate this site (XML)