2003年08月31日

僕のハニーはドラえもん

 僕のハニーはなんか、美顔機とか、マイナスイオンを顔にぶっかける機械とか、ウンコを出すための機械とかたくさん道具を持っているのでちょっとしたドラえもんっぽいなぁと常々思ってる。ウンコ出す装置〜♪(四次元ポケットから出しながら)そんなかんじだよ。それにしても、女性には重度の便秘の人がいるとは、知っていたけど1週間出ないとか余裕、な人(僕のハニー)がいるとは思いもよらなかった。ちなみに巨乳アイドルのMEGUMIも一週間ウンコしないとかざらだよ!みたいなことをいっていた。MEGUMIのおっぱいは、ウンコでできているのかなぁ、と一瞬思ったけど、僕のハニーはそのウンコでできた胸もないので、おっぱい=ウンコ説 の僕の仮説は間違っていることが証明できるね。それで、最近ハニーの家に行ったとき、マイナスイオンを顔にぶっかける機械を使わせてもらったりした。マイナスイオンっていうか、普通に蒸留水の水蒸気を顔にしばらくあてて、お顔がびちょびちょ濡れ濡れ(ちゅぱちゅぱ)になったところで、保湿剤とかを顔に塗って、冷たいタオルで顔を冷やして、お肌にハリを!みたいなものなんだけどね。それやったら、顔がほんとに湯上り桃子肌になったから、すげー!と思った。やっぱり、あれはドラえもんの道具だね。僕のハニーはウンコしないし、色んな道具を持っているからやっぱドラえもんだね。なんか俺、千秋みたいだ。そんなことどうでもいいんだけど、今ショコラちゃんのお部屋に、なんかでかい虫が入ってきてマジでありえないんだけど。名前もわからないタイプの割とでかめの飛ぶ虫!ちょっと窓開けたらあいつら、すぐ入ってきやがって。そんなに光が大好きかよ。レーザー光線とか当てて燃やしたい。はぁ、手で潰せないレヴェルの大きい虫って対処が大変だにゃ。

投稿者 shocola : 22:50 | コメント (0)

デヴィッド・ボウイの新譜

david.jpg リアリティーっていう新しいアルバムがもうすぐ発売されるみたいだね。ちょっと聴きたいな。なんか、この宇宙人っぽいジャケットは、ボウイが一番宇宙人っぽかった70年代のときくらいの音に回帰するみたいな意味も込めてるのかね。なんか、今回のアルバムは昔のっぽい感じらしいし。あと、デヴィッド・ボウイの公式サイトをみていたら、なんかネットラジオとかやってるんだね。普通のネットラジオの方は会員にならないと聴けないみたいだけど、子供向けネットラジオってやつもあって、それは誰でも聴けるみたい。結構前からやってるっぽいけど、その子供向けネットラジオはここのページの☆マークを押したら聴ける。この子供向けネットラジオはボウイ自身が選曲とかしてるみたいで、メルヘンな音楽が流れてるから凄くよかった。なんか、昔にデヴィッド・ボウイのインタビューでインターネットは好きですか?みたいな質問されてて、みんな面白くないとかいってんけど、面白いものを探そうとしていないだけで、僕は大好き!みたいな、ことをいっていたから、ボウイはインターネットが大好きなはず。それにしても、子供向けのネットラジオを作ったりするなんてメルヘンすぎ。あと、少女漫画に出てくるデビッド・ボウイというサイトをみっけた。王子様!

投稿者 shocola : 18:42 | コメント (0)

2003年08月30日

クルテクの2時間スペシャルみた

harinezumi.jpg クルテクには実はそこまで、期待してなかったんだけど想像以上のメルヘンさでびっくりした。カートゥンネットワークの2時間スペシャルをビデオで標準録画しながらみるという、慎重な体制で望まれた今日のクルテクとショコラさんの愛しき時間。ちょっと言葉では表せないや凄すぎて。クルテクって字幕とかいらないんだね。人間もでてくるんだけど、ほとんど可愛い動きと、モグラたちの可愛い声だけで構成されてて、字幕も吹き替えもなかったな。みていて、こりゃ久しぶりにやばいのみた、と思ったね。主人公のクルテクって、なんか嫌なめに合うとすぐ泣くんだよ。膝を抱えて。その泣き方がちょっと信じられないレヴェルの可愛いさで、俺のメルヘンスカウターで計ったら200万超えてた。あー、やっぱ雰囲気的にはチェブラーシカと似ているかな。やっぱ、ロシアともお国的に似ているしね、作られた時代はチェブラーシカよりも古いみたいだけど、これは凄いなぁと思った。今日のスペシャルでは30分のおはなしが、四本あったんんだけど、どれも強烈なお話だった。その時代ごとの社会風刺的なものをクルテクたちで、表現していたりするお話とか結構あるんだけど、そんなに嫌味なかんじがなくていいなぁと思った。でも、やっぱり俺はハリネズミの子が一番好きかも。これからも、クルテク情報にはアンテナ張っていこう。クルテクみんな絶対みたほうがいいって。マジでやばいから。

投稿者 shocola : 23:04 | コメント (0)

クルテクさんが!

 なんか、クルテクのことを検索していたら、クルテク大好きッ子サイトをいくつか発見したんだけど、なんだかコジャレッ子ばっかしだ。結局こういうメルヘンな生き物は、こういうコジャレサブカルッ子さんにしか、認められてないのか。そういう現状をなんとか、変えていきたいな。おちんちーん。クルテクのハリネズミのキャラのやつのフォルムは、おちんちんみたいだな。雰囲気が。でも、ハリネズミの子が一番俺はすきかな。それはそうと、明日っていうか、今日だな。クルテク特集がCSのカートゥンネットワークで2時間スペシャルやっからみんな観ような!

-CSチャンネル- カートゥーン ネットワークにて放送開始!!
(スカパー!274ch、ケーブルテレビでご覧いただけます)
■「クルテク〜もぐらくんと森の仲間たち〜」スペシャル
8/30(土)、8/31(日)
10:00〜12:00
19:00〜21:00(再)
■9/1(月)スタート
毎週(月)〜(金)9:00 〜10:00
 *アニメゾーン「ピぽらペポら」枠内にて放送
毎週 (金)21:30 〜 22:00/25:00〜25:30でも放送。
 *「クルテク」単独放送 
■オープニング、エンディング  by クラムボン

オープニングと、エンディングがクラムボンて!!!どこまで、コジャレ女子に媚をうってんだよ馬鹿!メルヘンは、メルヘンで、どーんと構えとけばいいんだよ。でもクルテクは楽しみだにゃー。かわいいんだろうなぁ。小憎らしいモグラたちの物語。これから、クルテクがメルヘンのメインストリームになるかもしれないな。まぁ、俺はチェブラーシカが今一番好きだけどね。ちなみに、クラムボンも普通に好きだけどね。なんか、捻くれててごめんなさい。

あと、はてなアンテナで、チェコアンテナという、チェコに尋常ならぬ熱い想いを持っている人がいるみたいで驚いた。これを作ったお方はメルヘンすぎ。脳からメルヘンが溢れ出してる。

とりあえず、クルテクのことが大好きっぽいサイトも貼っておこうっと。可愛いらしいサイトで羨ましいな。かわいすぎる。

sieste
DREAMING!

投稿者 shocola : 05:09 | コメント (0)

2003年08月29日

カレル・チャペックとメルヘン

karerurobo.jpg

 最近僕は、カレル・チャペックの本を読んでいるんだけど、彼はとてもメルヘンだ。色々と、たくさんメルヘンなところがあるからもっとたくさん読みたい。↑の画像はカレル・チャペックに花を捧げるアシモちゃんの画像なんだけど、とても素晴らしくて、感動した。チェコというのは、本当にメルヘン産出国で凄い。チェコのパペットアニメもあれば、チャペックもいるし、クルテクという究極のメルヘンアニメもある。チェコは世界有数のメルヘン産出国ですよ。覚えておくように。クルテクというのは、こういう人たちです。↓

kuruteku.jpg

ちなみに、「変身」などで有名なカフカもチェコの人なんだけど、彼は小説を全てドイツ語で書いたから、チェコのひとたちにはあまり馴染みがないらしい。チェコの人たちは、みんなカレル・チャペックのことは知っているけど、カフカのことはあんまし知らない人も多いみたいだよ。

「ロボット」の発祥地にアシモ登場 チェコ語で自己紹介
ロボット」の父に花束
クルテク公式サイト

投稿者 shocola : 00:37 | コメント (0)

2003年08月28日

夜空ではしご酒だよ

 近所で箱のティッシュを買おうと思って、薬局にいったら小学生くらいの女の子が一人で生理用品を大量に買ってて、なんか気恥ずかしかった。お遣いなのか、自分用のかしらないけど、なんか逆セクハラされたような気持になったね。お母さん買っといてあげればいいのに。日本には、娘が初潮を迎えたら赤飯を炊くという古い風習のようなものがあるけど、よく考えたら凄いグロいっつの。初潮だからって、赤いご飯にしなくてもいいのに。しかも、赤飯って豆が入ってるしな。豆て!まぁいいや。さっき、テレビチャンピオンが小学生の日本一料理人を決めるってやつをやってたんだけど、キッラキッラした目でカボチャをハート型にくり抜いたりしているのをみていたら、ちょっとばかし死にたくなったね。あいつら、素でメルヘンだからなぁ。エプロンがチップとデイルだったし。俺もメルヘンになりたいなぁ。

投稿者 shocola : 21:23 | コメント (0)

中嶋朋子さんの文章

 僕の大好きな歯茎のフェアリーさんこと、中嶋朋子さんの文章(コラム)を読めることで、おなじみのこのサイトで、今北の国からの本を作っているということを書いていた!うひゃー!楽しみだー。

 何をそんなにちまちまと作ってんのか、というと、私が1981年より22年間従事していた『北の国から』というTVドラマ、その長きにわたった経験を回顧するものなのである。回顧といったって、22年という時の流れは、そうたやすく振り返り、思いを馳せることができるものではない。ましてや、一口にどうこう言えるものでもない。あまりにも膨大な時が費やされたものゆえ、「2002遺言」という最終話が放送された去年の時点では、振り返ることができるとも思っていなかった。「紐解けるだろうか?」「何から紐解こうか・・・?」と、一人すったもんだしつつ、最終話放送が、去年の9月だから、それからほぼ一年、じんわりじんわり非常に個人的に『北の国から』22年の歴史に、自由研究のごとく、着手していたわけなのである。

ということだそうで、ちまちまと作っているそうです。それにしても、中嶋朋子さんの文章というか、文体が僕はとても好きで、彼女のぐいっと出た歯茎な素敵顔も好きなのだけど、彼女の文章もとても好きだから、これはほんとに楽しみだ。何よりも、北の国から、も好きだしなぁ。

投稿者 shocola : 02:15 | コメント (0)

旧ソ連と、チェブラーシカ

 チェブラーシカの映像をみてから、今のロシア、旧ソ連の当時の時代背景を知りたいなぁと思って、最近はそういう本をブックオフとかで買って読んだりしている。それでみつけた、「ソビエト帝国の崩壊」(1980年出版)という小室直樹さんの書いた本を読んだ。チェブの作られた時代(1970年代)と結構近いし、当時のソ連の時代背景がわかるかなぁと思ってなんとなく読んだんだけど、これが思いのほか死ぬほど面白かった。僕は、受験の時に日本史をとっていたんだけれど(センター試験用)、歴史は結構好きであんまし日本史必要ないのに、結構勉強したりした。だけど、世界史のことは本当に何も知らないわけで、チェブラーシカをみても、作られた国の時代背景というものの異質さの理由がわからなくって、なんだかなぁと思って色々気になっていたわけですよ。でも、この「ソビエト帝国の崩壊」というものを読んで、色々とチェブラーシカで気になっていたことが少し解決したような気がする。それは、今度書くことにする。あんま面白くないけどな!あと、岩波新書の「私の見たペレストロイカ」(和田春樹)というのも買ってしまったよ!これも面白い。やべーロシアのトリビアが無駄に増えてきたー。いや、僕が物凄く気になっていることの一つにメルヘンな作品が生み出される環境と、共産主義との関係というものがとてもあるような気がしていて、そのこともいつかか書きたいな。なんかねぇ、メルヘンな作品を生み出している国って、元共産主義の国が物凄く多いんだよ。あと、「ソビエト帝国の崩壊」って本は絶版らしいんだけど、凄い面白いから読んでみてくださいな。本当に予言がことごとく当たっていて、読んでて少し怖くなった。

投稿者 shocola : 00:20 | コメント (0)

2003年08月27日

ラヴトレイン

 さっき電車に乗ってたら、横に座っている僕のねじれた趣向ぴったりな感じの顔の女性が、死んだように寝ていて、ショコラさんの肩に!!頭をおもっきり預けていたよ!三十分くらい!電車は素晴らしいところだね。そんなかんじで、はっきりいってめちゃくちゃ重くてうざいっちゃうざかったんだけど、まぁいいやーと思って、長いこと僕の肩に身を委ねているのを許していたんだけど、その子が電車降りたあとに、自分の肩みてみたら、ヨダレついてんのな。えー!熟睡しすぎ。ありえねー。いくらなんでも、ヨダレには興奮できませんよ僕でも。でもこれ、その子がヨダレに気付いて、あーーーー!!すみません!すみません!ヨダレついちゃったみたいで、クリーニングしてお返しします!みたいな、展開になって、それで、紳士ショコラさんは、あー大丈夫ですよ。どうせ、すぐ洗濯しますし。みたいなことをいうんだけど、あ、いや、あの・・・とりあえず連絡先だけでも、教えていただけませんか?みたいなね。こういうラヴフラグメントがほとばしらないかなぁとか、考えていたけど、結局ラヴトレインは走り出さなかったね。そんなファンタスティックなことを考えていたからかしらないけど、帰りにスーパーで買った卵(10個入り)をおもっきしアスファルトに落としてしまって、10個中8個割れた。しかも、中身が道端に落ちて、正直泣きそうになったんだけど、なんか俺今ここで泣いたら、産卵中のウミガメみたいになる、と思って泣くのは我慢したよ。

投稿者 shocola : 19:20 | コメント (0)

2003年08月25日

ヴィレッジヴァンガード

3.jpg

昨日は、久しぶりにヴィレッジヴァンガードにいったから、たくさんメルヘンなものをチェックしてきたよ。それにしても、最近はチェブラーシカ関連グッツ増えてきてるなぁ。おもわず、チェブラーシカまるごとシールブックというものを勢いで買ってしまった。チェブラーシカのシールが、439枚入ってるよ。えー!?チェブラーシカのDVDをみてからというもの、物凄くはまってしまって、今そのチェブラーシカ感想文をちょっとずつ書いているんだけど、なかなか進まなくてさ。その感想文はいつかアップする予定。あと、チェブラーシカ特集もいつかやる。

投稿者 shocola : 21:23 | コメント (0)

美容院を変えたよ

 いつもいってるところと違う美容院にいってきた。美容院ってさ、一度行った美容院を変えるのって微妙になんか、申し訳ない気がしない?大体同じ人に切ってもらったりするようになっちゃうし、一度美容院変えて、また前の美容院に戻ってきたら、あー!!一回違うところで切ってもらったのね・・。っていうかんじで、いつも切ってもらっていた美容師のひとがしょんぼりして、はらいせに髪を洗ってる最中に額に肉とか、書くかもしれないとか、そういう心配しちゃうじゃん。そんな心配をしつつも、今日は違う美容院で切ってもらった。別に深い理由とかないんだけど。気分転換に。そんなはなしを、知り合いの美容院の人に話してみたら、っていうか、いちいちそんなに客のこと気にしてないって!ププッ!自意識過剰!みたいな、ニュアンスのことを言っていたから、まぁ美容院変えるのにいちいちそんなに気にしなくてもいいのかもしんない。それにしても、どうも美容院って、なんかプチ風俗店なイメージあるね。エロ要素満載だよ、指名制だとか、マッサージはオプションであったりさ、エロいよどう考えても。今日頭のマッサージしてもらったんだけど、触り方がエロくてこのままハーゲンダッツのCMみたいに僕の口の中に人差し指入れてきたらどうしようって、ハラハラドキドキしてた。今日の僕の髪を切ってくれた人は、ヒゲのおじさんだったけどね。

投稿者 shocola : 20:12 | コメント (0)

2003年08月23日

猫メモリアル

 最近僕は異常に猫にモテるという兆候があるんだけど、これって多分オーラでてるね。フェロモンみたいな、こう猫が、ん〜ってなる何かを僕が持ち始めたってことよ。今、猫の中で抱かれたいランキング2位(nyannyan調べ)くらいだと思うよ俺。一位は、アルフィーの坂崎さんとかだろうけど。あの人、猫を200匹くらい飼ってるらしいし。そりゃ、負けますわ。そんで、この前、緑がたくさんある公園に”一人”で自分探しの散歩に行ったときのことなんだけど、ぼーっとしてたら猫が三匹寄ってきたのよ。天気のいい昼間で、人はほとんどいなくて、ほんとに俺と猫しかいない状態で、俺が座ったところににゃーんってエロいかんじですり寄ってきたの。あ、餌が欲しいだけなのか・・・餌ないってわかったからどっかいくかなぁ、と思ってみてたら、俺の周りに体くっつけて寝始めたんだよ。うわーあちーって一瞬思ったけど、よく考えたら可愛いすぎる、と思ってしばらく猫と遊んでた。猫ってなんか、凄い体をこうエロい女の子みたいなかんじで摺り寄せてくるじゃん。エロい女の子と付き合ったことないけど。俺の脳の中でのエロい女の子像とぴったり合致したねその猫の仕草。その中でも、特に俺に夢中だった猫なんか、別れるときずっと俺をみてて可愛かった。その目つきときたら、別れ際に、もう一度キスをしてもらいたいけど、それを直接言葉にするのはちょっと恥ずかしいわ・・っていうかんじの、センチメンタルカンガルーな感じ。そんなシチュエーション体験したことないけどね。まぁ、そんなかんじで猫がその気になってきたところで、飽きて帰るというジゴロなことをしてしまったから、ちょっとその猫のこと気になってたんだ。それで、一週間後くらいに、ハニーに猫に餌をやりにいくからついてきてくれ。ということを言うと、ついてきてくれるというから、一週間後にまたその公園にいったんだよ。スーパーで猫の餌を買ってから。

 公園についたら、いたね。あのときの猫。その猫が俺のことを覚えてるかどうかは、わかんないけどやっぱし人懐っこい猫で、とても可愛かった。僕が猫と仲良くしていると、その公園をボランティアで管理しているようなおじさんに声を掛けられて、なんか餌あげるなら、あげてもいいよ。最近ちょっと、あんまし餌あげてないしなぁ、みたいなことをいわれて、この猫俺以外にもパパがいるのね・・と少々しょんぼり。というか、このおじさんなんで、俺が餌を持っていることわかったんだ?ってことに軽くびびりながら、僕がバッグをごそごそすると、猫のテンションが異常にあがって、僕にまとわりついてきた。そんで、餌をあげるとムシャムシャ食べ始めて、食べ終わると、眠くなったみたいで木陰で寝始める猫。可愛いすぎる。あと、この公園にはまだたくさんの野良猫が生息しているから、余った餌を他の猫にもあげようかなぁとか、思って他の猫にもあげた。そしたら、全然喰わないのよ。なにこれ?さっきの猫は綺麗に食べてくれたのに。そんなかんじで、お前ら可愛いくねー!ってかんじで、モヤモヤしてたら、なんか袋を持ったおじさんがやってきて、そのおじさんのところにみんな駆け寄っていった。その僕から離れていった猫たちをみていたら、なんかおじさんにご飯貰ってる。えーー!!?しかも、なんかおじさん手作りっぽい!タッパに入ってる!うわー、こいつら俺の餌じゃまずくてくえねーってことか!キーー!ってなりながら、しょんぼりしていていたら、他の場所でも近所のおばさんやら、若い子とか、餌をあげてるじゃないですか。この公園って、一体猫何匹いるんだ・・・と愕然となりながら、餌をあげはじめた近所の人はみんな、あの猫の術にはまったんだな・・と思い、あいつら売れっ子キャバクラ嬢みたいな、上手な生き方してる!と思い、猫にちょっとした、社会勉強をさせてもらったような気持に。多分、誰かがこの公園で猫に餌をあげはじめたのを機に近所の野良猫がたくさん集まってきちゃったんだろうなぁと思う。いいことか、悪いことなのかわからないけど、まぁ、動物嫌いの人にとったら迷惑なのかなぁと思い、ちょっと複雑な気持にもなった。よくみてみると、どの猫のグループに餌をあげるかみたいな、分担まで決まっているような感じでみんな手際よく餌をあげていた。帰り際に、なんでこの餌はあの猫凄い喜んで、食べてくれたのに、他の猫は食べなかったのかなぁと、僕の買った猫のレトルトのような袋をみていたら、この餌は湯煎か、袋を開けて電子レンジで温めてあげてくださいって書いてるううう!!うわー、暖めなきゃいけないやつだったのか・・。どうりで、あんまし喜ばれなかったわけだ。あ、でもあの僕を気に入ってくれてたあの猫は凄い勢いで食べてくれてたけど、まさか!せっかく、また会いにきてくれたのに、喰わないと傷つくかなぁ、こいつ・・みたいな感じであの猫に気を遣われたの?え?うわーやっぱし、あの猫可愛いい。といったかんじで、女の子にも、猫にも色々と騙されながら生きている僕の夏の猫メモリアルでした。

投稿者 shocola : 22:18 | コメント (0)

みなしごハッチは凄い

 ハッチを今ケーブルでやってるんだけど、号泣してしまった。ハッチが偶然、年下のスズメバチの子が怪我をしているところを助けてあげるんだけど、それからハッチはそのスズメバチの子にお兄ちゃん、お兄ちゃんといって慕われるのね。そして、親友になっちゃう。それである日、そのスズメバチの子をみたハッチ(ミツバチ)のミツバチ友達が、「こいつ!スズメバチだ!こいつら、僕たちの卵を全滅させたやつらだよ!こんなやつと友達になんかなっちゃだめだ!そうしないと、お前はもう巣にも帰れなくなるぞ!」みたいなことをハッチに言って、そのスズメバチの子もそれを聞いて凄くショックを受けることに。え?僕の仲間達がそんな酷いことをしただなんて・・って。その後、自分たちのミツバチなアイデンティティーをとるか、親友であることをとるか、物凄くハッチは葛藤するんだけど、結局ハッチは、親友、であることを選ぶのね。そう決心して、もう一度そのスズメバチに会いに行くんだけど、途中で大きなカマキリに襲われてしまう事態に。そこでそのスズメバチが自分の命をかけてハッチを守ってあげるの。結局カマキリも、そのスズメバチの子も死んじゃって、ハッチが最後泣きながらそのスズメバチの子に、僕達は一生親友だからね、って言うんだわ。というか、内容が重過ぎ!泣くよそりゃ。あと、みなしごハッチのキャラクターたちののフォルムのリアルさ。ちゃんと、虫っぽくて怖かった。あんなに、虫っぽかったっけ?まぁ、それはいいとして。北朝鮮の工作員と、韓国の工作員が、愛し合ってしまって国をとるか、愛をとるかで、葛藤する韓国映画「JSA」に似てるなぁ、と思った。JSAでは確か、国をとるんだけどね。僕みたいな愛国心のない人間は、ハッチのほうに共感してしまうなぁ。

投稿者 shocola : 22:12 | コメント (0)

サイト移行に関して

 ということでね。なんか、Movable Type 使うとオシャレになれるらしいという都市伝説を小耳に挟んだので、オラもオシャレになるべさーといったかんじで、導入してみたよ。ほんとは、便利そうっていうだけなんだけど。デザインも前のサイトとほとんど同じというか、もっと昔のデザインに退化してるかんじだけど。今の状態ってほとんどデフォルトのスタイルシートのまま使ってるけど、これでも細かいところを自分風にするのは凄い大変だった。あと、サーバーに設置するのとか簡単だよ!みたいな噂があるけど、あれマジで嘘!マジでわけわかんねーっつの。なんか、スナック菓子喰うくらいの軽い乗りで、サーバーにファイルをアップロードしたらCGIファイルはパーミション755にしてくださいね☆みたいな、宇宙の言葉としか思えないマニュアルが書いてあったりして、ほんとびびったね。パーミションって。パーマンじゃなくて?というか、基本的にマニュアルは英語だしね。でも最近はネットに丁寧な日本語マニュアルサイトとかあって、なんとかなったけど、こんなもん流行るわけないじゃん。設置はなんとかなりますよ。でも、デザインとか、機能を自分の思い通りにするには、HTMLとスタイルシートの知識がかなりないと大変だしさ。しかも、テンプレートにはCGIの特殊言語とかも入ってて、ほんとマジでわかんないって。あーあと、一番の問題は普通のプロバイダの提供してる無料HPスペースではCGI使えないってところが多いところだね。プロバイダによって規定も色々違うし。僕は安いレンタルサーバーを借りました。まぁ、引越ししたりしたときにサイト移転とかしなくていいしなーてのもあって。まぁでも、HPビルダーでテキトーにいじくってた人にとったら、拷問のような作業が待ち受けているよ。少なくとも僕は。でも、一度作っちゃうとあとは楽っちゃ、楽なんだけど。そんなかんじで、普通の人(HPビルダーでなんとなくサイトを作っていた僕のような人)からみると、敷居高くって、普通に血ゲロ吐いたよ☆完全にデフォルトのままつかうっていう人は問題ないのかもしれないけど。それにしても、デザインとか、タグとか、参考にさせてもらおうと色んなMovable Typeを使ったサイトをみていたら、○○BLOGっていうサイトのタイトルのひと凄い多くてびっくりした。これって、太郎'Sホームページ!!っていう感じのインテリジェンスなひとが忌み嫌いそうなインターネット初期によくみられたサイトのタイトルとそんなに変わらなくない?なんで、これはアリになってるんだ。なんていうのかな、ベッカムが来日したときにGOAL!ってどーんって書かれたTシャツきてたけど、なんかそれ凄い変だけどベッカムだからアリみたいになってる変な感じと似てる。ということで、これからは普通に日記を書いていこう。日記書けない病のときは、やっつけでメルヘンなニュースのURLとか貼るよ。

Weblogツールリスト
artifactさんの作られた鬼のように便利なリンク集と、説明。

投稿者 shocola : 15:48 | コメント (0)

2003年08月22日

高原へいらっしゃい

 なんか、「高原へいらっしゃい」が異常に好きなんだけど、これみてるひといるかなぁ。あんまし視聴率よくないっぽいしなぁ。本当にこのドラマ好きだー。裏番組のドクターコトーとか、全然気にならないくらいになんかはまってしまった。ドラマとか毎週欠かさずみるのとかほんと久しぶり。市川美和子ちゃんが、うなぎ犬に似ているとか、変な顔だとか、演技が下手だとか、色々言われてるけど俺昔から市川美和子ちゃん好きなんけどね。なんか、風呂場でウサギを洗ってたら浴槽に落としてしまって、びしょ濡れになっちゃったウサギっぽいしね。ポンキッキでウサギの着ぐるみしてるのとかも凄いよかったもん。菅原文太とか、佐藤浩一とか、ちょっと股間が濡れそぼるような渋い演技だし、見所多いのになぁ。ドラえもんでてるし。ここまで、書いてみて 「市川美和子」は誤字です。というサイトを発見して衝撃を受けた。×市川美和子→○市川実和子だったなんて。あと、高原へいらっしゃいの公式サイトも楽しい。あと、市川実和子ちゃんって、NHKのドイツ語講座でてるよね。昨日はじめてみたんだけど、すげー馬鹿で、先生に怒られてて可愛かった。とりあえず高原へ行きたい。綺麗な星をみたい。メルヘンな気持になれればそれでいいな。↓の雑誌は俺が実和子ちゃんのためだけに買ったオシャレ雑誌。いつ買ったのかも忘れたけど、可愛いね。スキャンしてみた。

ichikawa.JPG

投稿者 shocola : 03:33 | コメント (0)

2003年08月20日

ムーミン特集

「ムーミン」 原作は大人向け?
大人向けってなんだろうね。

ムーミンの格闘ゲーム
笑った。

ムーミンのバトミントンゲーム
これ以外に面白い。

ムーミンがうつろな目をして、淡々と歩くフラッシュ
センチメンタルになる。

ムーミンの歌付フラッシュ
愉快。

フィンランドにあるムーミンテーマパークの映像
メルヘン。子供が可愛い。

ムーミンの生声
本物は違うね。

エストニアの人が作ったムーミンで遊ぶなんかのツール
正直なんのソフトかわからない。誰か教えて。

ムーミンのアイコン、GIF、壁紙、スタートアップスクリーン
これやべー。かわいい。なんで、日本語版あるんだろ。

ムーミンコミックを無料で読みまくれるサイト
凄い量。

フィンランドのガキが書いた劇画ムーミン
ガキの中でのムーミンは凄いことになってる。

ムーミンのおむつ
これならウンコ漏らせるね。

ムーミンの椅子やらテーブル
うわー。

ムーミンキャラクターのデータベース
量すげーなぁ。

ムーミンの画像が死ぬほどあるよ
ムーミンの切手に心惹かれました。

Moomintroll memories

One afternoon at the end of August, Moominpappa was walking about in his garden feeling at a loss. He had no idea what to do with himself, because it seemed everything there was to be done had already been done or was being done by sombody else."Oh yes. Yes. This was going to be everything I had enjoyed as a child and more. What a perfect description!

ムーミン哲学だね。

子供のクリスマスにお菓子の家のムーミンをプレゼント
いいお父さんだ。フィンランドに住んでるっぽいな。

Moomin fever is a rarely
外国人がこぞって、フィンランドのムーミンテーマパークに行って、グッツを買い漁ったりする現象を嘲笑してるんかな。(゜ε゜)キニシナイ!!

Moomin Voices
ムーミンのこと書いてたブログ。

MOOMIN SINGS MORE THAN EVER BEFORE!
これも。

Moomin made me do it.
ムーミンを愛してるな。

books by Tove Jansson
これも。

フィンランドの友達募集掲示板
なんか、ムーミンの話で盛り上がってた。

作者のトーベさんの最後のネット上の文章
トーベ・ヤンソンさんは、早くからネットをしてたんだね。そのことに驚いた。あの年齢なのに。流石だ。アビバとか行かずにインターネット。ヤフー登録までこなしちゃうよ。

トーベさんが、日本のムーミンアニメをみて、激怒したお話
あれは、もやはムーミンではないもんな。ムーミン風アニメだよね。

ムーミンショップ
メルヘンショップ。

ムーミンテーマパーク公式サイト
幕が上がると、いきなり指をさされてミーに笑われるよ。

ムーミンの世界
ムーミンの情報満載。

本場のムーミン大好きサイト
個人サイトなのかよくわからないけど、凄い情報量だった。

投稿者 shocola : 23:57
アバウト
このサイトについて
メールフォーム
過去ログ
2011年06月
2010年02月
2009年02月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2007年09月
2007年03月
2006年10月
2006年08月
2006年07月
2006年05月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2001年02月
最近の文章
僕のハニーはドラえもん
デヴィッド・ボウイの新譜
クルテクの2時間スペシャルみた
クルテクさんが!
カレル・チャペックとメルヘン
夜空ではしご酒だよ
中嶋朋子さんの文章
リンク
Add Your Links Here
カテゴリ
クルテク[5 items]
チェブラーシカ[4 items]
ムーミン[3 items]
メルヘン[18 items]
検索


メルヘン

初めて観た時には衝撃的でした。世の中にこんなに可愛い生き物がいるものか・・・というような気持ちでいっぱいに。

パペットのムーミンは原作のキャラに近いものを表現出来ているような気がするね。

クルテクさんは奥が深いです。色々なことをメルヘンな物語から学べます。

サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト

 since 2001.02.13
Powered by
Movable Type 3.17-ja
Syndicate this site (XML)