2007年09月24日

チャームポイント

 あなたのキャリアプランの3年後、5年後、10年後、を具体的にお答えください。3年後とかはあんましよく分からないんですが、10年後にはウサギや犬や猫をじっとみているだけでお金をたくさんもらえるくらいにはなりたいです。希望年収はどれくらいになりますか?100億万円。 当社に入社されてから一番やってみたいことは具体的にどのようなことでしょうか?人に夢を与えることをやりたいです。業務を遂行していく上で大切なことは何だと思いますか?コアラのような寛容さを持つこと、だと思います。そんな感じの面接を経て転職して、都内に引っ越しました。勤務先が日本橋な上に、配属されたプロジェクトも金融業界のボス猿っぽいところがお客さんだし、外資ではないですが実力主義丸出しの職場で、メルヘンなものがとても少ない環境です。職場の近くにメリルリンチの日本の本社があるんですが、そこを通るたびにメリルリンチちゃん、という僕の考えた架空のウサギキャラクターを想像するぐらいしかメルヘンを補充できない砂漠地帯です。僕が配属された部署の人たちは、24のジャック・バウアーみたいな人がやってくるって人事部長に騙されてたみたいで、素性のわからない僕が突然やってきて、なんかチェブラーシカきた!!ちょwww即戦力!??ジャックじゃなくて、チェブが?wwという気持ちで一杯になっている、クロエっぽい人たちの表情がとても印象的でした。そんな僕ですが、入社して2ヶ月以上経ってようやく少し慣れてきました。この前会社で、ペットボトルの蓋をどうしても開けられなかった僕は、横にいるプロジェクトリーダーに蓋を開けてもらう、という快挙を成し遂げたんですが、その時に、ショコラさんって仕事に関しては、ほんとに凄い人だなーと思っているんですけど、ペットボトルの蓋は開けられないんですね・・・と言われました。そんな大して可愛いくもないチェブラーシカである僕なんですが、以前の会社では見たこともないような頭のいい人や、差別主義者や、インテリさん、もたくさんいるので、割とナチュラルに僕の自尊心を粉々に破壊されることは日常茶飯事です。そんなとき僕は、ナウシカがキツネリスに噛み付かれた時みたいな顔をしてなんとか乗り切ってます。

 そもそも普通の人より、普通のことができないことでお馴染みのこの僕が、なんでこんな無茶なことをやっているのかというと、それはワンピースのルフィーが海賊王になりたい!という漠然とした夢よりも、もっと具体的で明確に目的というか、目標があって、それ相応の努力と、計画と、展望を持っています。僕の本当の意味でなりたかったもの、転職したかったもの、それは、コアラ(有袋類)、になることです。ただ年齢、スキル、学歴、からみても僕がいきなり大きなキャリアチェンジ(コアラに生まれ変わる)というのは流石に難しく、腕利きの転職コンサルタントでもそれはどうしようもないことでした。僕は一年くらいずっと、冗談ではなくコアラになるためにはどうすればいいのかな、ということを真剣に考えていました。コアラが可愛いくってユーカリばっかり食べてて、木の上でいつもスヤスヤ眠ってて、愛らしく生きる、そのライフスタイルに憧れている、ということは以前にも何度か書いたかと思うのですが、ある日ふと色々と思い出したのです。コアラがユーカリばっかり食べ始めた理由が、ユーカリの毒素を分解できる動物が自分たち以外周りにいなかったため、他の奴がユーカリを食べて死なないように気を遣ってユーカリばっかり食べ始めた、という説があること。コアラが他の動物に襲われて捕食されるって話はあまり聞いたことがないと思います。それはオーストラリアにそのような肉食獣がいなかったから、ということになっていますが、実はコアラって握力が大体1トンくらいある(ゴリラでも500キロ程度)、という説もあるほど筋肉質の体で多分普通にめちゃくちゃ強いです。きっと本気を出せば人間の頭蓋骨くらい、ぐしゃりと簡単に捻りつぶせます。オーストラリアに住んでいた原住民のアボリジニはコアラとどう接していたかというと、ギザカワユス・・・としか思えなかったらしく、赤ちゃんがどうしても生まれない夫婦が、コアラを子供代わりに可愛がる習慣があったようで、コアラを虐めたりする、ということは一切なかったそうです。そうやって、僕はぼんやりとコアラについて考えを巡らせていて、僕が有袋類になれない理由が少しだけ分かりました。

 まぁ、それで僕はとりあえず、まずは木の上に登ることにしました。本物のコアラは毒性の少ない生長したユーカリを選んで食べてるんだけど、僕はひよっ子なので、毒性の強い若木のユーカリを間違えて食べてしまい、お腹を下しまくりです。今はなんとかコアラへの第一歩の足掛かりを掴めただけなので、まだまだこれから先、僕の考えがまた変わるかもしれないし、挫けてしまうかもしれないけど、今は目の前のことだけ考えて頑張ろうと思っています。ただ、今回のこの転職、引越し、で一つだけ心残りなことがあって、半ば浮気のような状態でたまに会いに行っていた一人の女性がいるんですが、その女性はミミちゃんという名前で、緑がたくさんある公園に住んでいて、僕が行くと茂みからにょこっと出てきて、僕の膝の上に乗ってくる、僕が人生初めて、なついて貰えた灰色のしましま模様の野良猫なんですが、彼女にお別れを言いに、引越しの日の前日に会いに行ったのですが、その日に限って彼女はいつまで待っても現れなかったんです。結局その日は諦めて帰って、そのまま引越しや、新しい仕事で忙しく、ミミちゃんのことを忘れていたんですが、この前PCを起動してメールを開いたら、件名が「猫」って一文字だけ書いてるメールが受信ボックスに。なんかよくわからないけど一瞬で、ミミちゃん!から、メールきた!!と思い、怒涛の勢いでメールを開いたら、それは普通にエロサイト(猫耳な女の子情報満載)の迷惑メールで、とてもがっかりした。ミミちゃん元気かな・・・。ミミちゃんが最後に会ってくれなかったのは、魔女の宅急便のエンディングみたいなことなの?と乙女チックな妄想をすることで、納得するしかないのかな。僕が本当の意味で、毒っぽいものを受け入れて涼しい顔をして、自分を強いと思い込んでる頭の悪いひとたちよりも圧倒的に強くなって、可愛いらしくミントの香りを漂わせることができるようになるには、もう少し時間が必要なんですが、そっと応援しておいてください。こないだ、会社帰りに駅のホームでぼーっと電車待ってたら、Rapid Express、っていう特急の電光掲示板が、Rabbit Express、に見えて、うさぎ☆エクスプレス、というウサ耳電車なフォルムが一瞬で頭の中に浮かんだりする子なので、まだまだ俺は大丈夫だと思うよ。


Dirty on Purpose - "Light Pollution"

投稿者 shocola : 2007年09月24日 19:29
アバウト
このサイトについて
メールフォーム
過去ログ
2011年06月
2010年02月
2009年02月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2007年09月
2007年03月
2006年10月
2006年08月
2006年07月
2006年05月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2001年02月
最近の文章
これからのこと(1)
草食系男子
シフォン主義
オウチ
ペンギンの触りごこち
suzy's zoo
憧れ
リンク
Add Your Links Here
カテゴリ
クルテク[5 items]
チェブラーシカ[4 items]
ムーミン[3 items]
メルヘン[18 items]
検索


メルヘン

チェブの存在は知っているのなら絶対観た方がいいとおもうよ

あの日本のムーミンアニメとは別物で、素敵だなぁと思います。

クルテクはチェコの子供たちの永遠のアイドルです。

サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト

 since 2001.02.13
Powered by
Movable Type 3.17-ja
Syndicate this site (XML)