2005年09月26日

窪塚君と妖精と私

 今月号のSMARTの表紙が窪塚君だったので、3年ぶりぐらいにこんなヤングなファッショナブル雑誌を買ったよ!意味もなく、人気ブランド!のベルトが付録でついているというわけのわからない雑誌の方向性みたいなものはどうでもいいんだけど(ちんかめがまだ続いていることに驚愕した)、インタビューが載っててやっぱし窪塚君はいいなぁと思った。それから窪塚君出演の9/14に放送してた「窪塚洋介ネイティブアメリカン紀行」のドキュメント番組は観ました?俺は超楽しみにしていて、やっぱ観て凄く良かった。内容は・・・

窪塚洋介ネイティブアメリカン紀行◇俳優の窪塚洋介が米国西部でネーティブ・アメリカンの英知に触れる。アリゾナとニューメキシコ、ユタにまたがる乾燥地はナバホネーションと呼ばれ、数多くの部族が住んでいる。窪塚はナバホの伝統を守ろうとしているロレーンさん宅に滞在。羊や馬の世話をしながら母系家族の生活を体験する。さらに、ナバホの人でもなかなか経験できないという雨ごいの儀式に参加するほか、ジュエリー作りや聖地巡りの旅をする。

・・・って感じの話で、まぁ普通にドキュメント番組として純粋に凄く丁寧に作っていたと思う。あと窪塚君がフリチンで大地に向かって仁王立ちしているシーンとか崖に一心不乱で登ってみたり(もう飛ばないで!飛行石ないんだから!)、ターコイズのアクセサリを自分でデザインして作るんだけど、マークが異常に大麻の葉っぱのマークに似ていたり、ハラハラドキドキの2時間だったよ!中でも、「揺さぶられたぜ〜!」って凄いナチュラルに発言したりしているのをみて、あ、この人完全に妖精だ・・・と思いました。最近漫画のキャラでもなかなかそんなことをフランクに言えないよ。でも窪塚君をみてると凄い和むんだよね。冗談でもなんでもなく、俺の中ではもの凄い癒し系なんだよ。俺とほぼ同じ歳なんだけど、俺と同じ歳であんなに妖精っぽいひとはいないよ?もうみんなポイズンな社会にどっぷり浸かってきてもうカリン塔には登れないお年頃なもんだよ普通は。その点ほんとに窪塚君は凄いというか、マジで純粋すぎて羨ましい。俺も窪塚君を見習ってもう少し妖精っぽくなりたいです。

nabaho.jpg

投稿者 shocola : 2005年09月26日 23:50
アバウト
このサイトについて
メールフォーム
過去ログ
2011年06月
2010年02月
2009年02月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2007年09月
2007年03月
2006年10月
2006年08月
2006年07月
2006年05月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2001年02月
最近の文章
これからのこと(1)
草食系男子
シフォン主義
オウチ
ペンギンの触りごこち
suzy's zoo
憧れ
リンク
Add Your Links Here
カテゴリ
クルテク[5 items]
チェブラーシカ[4 items]
ムーミン[3 items]
メルヘン[18 items]
検索


メルヘン

チェブの存在は知っているのなら絶対観た方がいいとおもうよ

あの日本のムーミンアニメとは別物で、素敵だなぁと思います。

クルテクはチェコの子供たちの永遠のアイドルです。

サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト

 since 2001.02.13
Powered by
Movable Type 3.17-ja
Syndicate this site (XML)