2005年03月15日

おにいさまへ・・・

 最近狂ったように、おにいさまへ・・・というアニメのDVDを睡眠時間を削りまくりながら最後まで観ました。分かりやすく説明しているページがここにあった。(関係ないけど、このwikiで構築されている百科事典は面白いね。)全部で普通に39話あった。単純計算で、一話が25分だから全部で17時間弱だ。そんだけさ、おにいさまへ・・・をみてたら、俺も青蘭学園高等部の世界の住人にもなるよ。おにいさまへの見過ぎて、会社を遅刻して、言い訳がソロリティクラブのお茶会の準備をどうしてもしなくってはいけなくて・・・とか半泣きで言いそうになったりもするよ。あと、色んな人にこのアニメの絶望的なほどの面白さを伝えたい。というか、みんなが、おにいさまへ・・を知ってるの前提でここでは書いてる意味が全然分からないけど。普通の人にこのアニメの説明をするのがもの凄い大変なので、ハニーに無理矢理4話くらいまで見せたら、自動的に俺のいない間に14話くらいまで勝手にみていて、目が疲れた・・とか言ってたので、やっぱし面白い作品なんだと思います。同時進行で攻殻機動隊のTV版のDVDも観てたけど、正直おにいさまへ・・・の面白さには足下にも及んでなかった。でも、攻殻機動隊も最後の方すげー面白かったけど。劇場版よりも楽しいよ。今のこの時期におにいさまへ、と攻殻機動隊を冷静に比較したりしてるの宇宙で俺一人しかいないと思うけどね。僕は熱っぽくて、飽きやすいので、何かブームがくると凄い熱します。今はアニメブームがきているだけです。おにいさまへ・・・のDVDを手に取ったのには事情がありまして、このアニメ放映されてたのって1991年なんだけどね、俺はマジで夢中で見てた。小学校の高学年の俺がこのアニメを夢中でみていたってことを思い返すと相当変な子だわ・・・と我ながら思う。少女漫画の象徴のような漫画家、池田理代子さんの作品のアニメ化なんだけど、ベルサイユの薔薇よりも全然面白いよ。というか、おにいさまへ・・・の原作は実際そんな面白くないんだけど、アニメが原作をこんなにも超越して面白くなるって言う不思議な現象は珍しいよね。しかもこれNHKBSで放映された作品なんだけど、ほんとに狂ってるとしかいいようがないわ。これをちびっ子達が一番見る時間帯に、NHKが金と時間をたくさん使って、制作して、放映してた意味がマジで分からない。結構マニアの間では、あれなんだったんだ??みたいな感じになって話題にはなっていたらしいんだけど、DVDBOXが2002年に急に発売されていたようで、それに最近気付いた俺が懐かしいな〜サンジュスト様〜とか思って、39話一気に見てしまったと言うわけです。なんかこのアニメの凄さをうまく伝えられないので、興味のある人はTUTAYAで借りたりして、見てください。

 あと、最近僕の中で凄くいいな〜と思ったのは、映画の下妻物語と小説の西の魔女が死んだです。ベタですか?あと、岩井俊二の花とアリスも観たよ。最近の俺のこういうのを好んで食す傾向というのは、多分女子高生になりたいからだと思うよ。女装をしたいとか、そういうのは微塵もないのですが、女子中学生、女子高生、の女の子友達の関係性というのは男子の僕から見ると少し不思議なところというか、羨ましい部分とか、色々あって楽しいのです。昔から。女子のお友達関係ってなんか不思議だわ。無邪気なのか、なんなのかはよく分からないけど。西の魔女が死んだ、は別にそういう部分がクローズアップされているわけでもないのに、そういうところばっかし気になっちゃったよ。西魔女(略しちゃった!セカチューみたいに)はね、そういうこととは関係なくとてもいいお話なので(セカチューの六千倍くらい)、みんな読むといいです。

 唐突に村上春樹の小説が女子に好かれまくることを最近なぜなのかというのを考えてみました。春樹の小説というのは、主人公はいつも同じキャラというか、春樹自身のフリをして、春樹自身では全然ないんだよね絶対。なんだけど、意外に几帳面で気が利くし、頭もさりげなくよくって、少しドジっ子でポーってしてて、特定の女性にだけは好印象を持たれたりして、近寄りがたい一目置かれている男子となぜか友達になってしまったり、人の気持ちを理解するのが早くって、社会の成り立ちを分かっている風なくせに大してうまく社会に順応してるわけでもなくって、そんなにかっこよいわけでもないんだよね。実際さ、本当にあのようなキャラが側にいて、トキめくかっていうと絶対にトキめかないよ女子は。それでさ、春樹本人が美形な感じでシュっとしている男子だったら、春樹の小説は成り立たないんだよね。でも、女子は春樹の小説が好きなんだよね。何が言いたいのか、分かる?自分で書いてて何が言いたいのか、よく分からないんだけど、ふと思ったことなので、メモっとくよ。

 あーあとね。バイオハザード2でミラジョボビッチの乳首がみえるシーンがあるんだけど、一瞬すぎて本物なのかどうかが凄い怪しいので、誰か真相を教えてください。こんな感じで教えて!Gooで質問でも書き込みしようかと思ってやめたりね。昔の日記でミラジョボビッチが映画の宣伝で日本にきていた時に凄く可愛いワンピースを着ていて完全にノーブラとしか思えない格好で乳首が突起していることに僕が凄くジョボビッチしたみたいなことを書いたと思うんだけど、その時のジョボビッチの乳首も最近ハリウッド女優なんかはいい感じで服の上から乳首が透けてみえるような付け乳首みたいなものが流行っているらしいので、俺はジョボビッチの本物の乳首なんか一度だって見たことはないんじゃないのか、というよりも乳首って何?みたいな哲学的なことまで考え始めてしまって、ゲーテの詩集みたいな文章を書きそうになったので、危ない危ない、と思い、何か素敵な事件はないかしらと思いながら、ニュースサイトでもみてたら、パンダと人間は近かった?古代中国の墓からパンダの骨みたいなものが目にとまった。人間は大きく二つに分けられるんだけど、それはどれくらいパンダであるかどうかってことだと思うよ。俺はパンダが祖先すぎるので、このまま行くとパンダにジョブチェンジする日もそう遠くはないよ。でも、狩りの対象にされていたっぽいので、俺もパンダにジョブチェンジしたら狩られるんだと思う。だからこそ、俺は強いパンダになるよ、なるように努力をする。強いパンダ・・・というのは鋭い爪だとか、腕力だとか、笹を一気食いできるかとか、そういう表層的な強さ、ではなくもっと根元的な強さのことです。あんまりパンダじゃないひとには分からない強さなので、伝わらないだろうけど僕はそういう強さを持ったパンダになりたいです。今回の更新はなんか支離滅裂だわ・・・。ごめんよ。猫を飼いたいな。

投稿者 shocola : 2005年03月15日 00:37
アバウト
このサイトについて
メールフォーム
過去ログ
2011年06月
2010年02月
2009年02月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2007年09月
2007年03月
2006年10月
2006年08月
2006年07月
2006年05月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2001年02月
最近の文章
これからのこと(1)
草食系男子
シフォン主義
オウチ
ペンギンの触りごこち
suzy's zoo
憧れ
リンク
Add Your Links Here
カテゴリ
クルテク[5 items]
チェブラーシカ[4 items]
ムーミン[3 items]
メルヘン[18 items]
検索


メルヘン

チェブの存在は知っているのなら絶対観た方がいいとおもうよ

あの日本のムーミンアニメとは別物で、素敵だなぁと思います。

クルテクはチェコの子供たちの永遠のアイドルです。

サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト

 since 2001.02.13
Powered by
Movable Type 3.17-ja
Syndicate this site (XML)