2003年08月23日

猫メモリアル

 最近僕は異常に猫にモテるという兆候があるんだけど、これって多分オーラでてるね。フェロモンみたいな、こう猫が、ん〜ってなる何かを僕が持ち始めたってことよ。今、猫の中で抱かれたいランキング2位(nyannyan調べ)くらいだと思うよ俺。一位は、アルフィーの坂崎さんとかだろうけど。あの人、猫を200匹くらい飼ってるらしいし。そりゃ、負けますわ。そんで、この前、緑がたくさんある公園に”一人”で自分探しの散歩に行ったときのことなんだけど、ぼーっとしてたら猫が三匹寄ってきたのよ。天気のいい昼間で、人はほとんどいなくて、ほんとに俺と猫しかいない状態で、俺が座ったところににゃーんってエロいかんじですり寄ってきたの。あ、餌が欲しいだけなのか・・・餌ないってわかったからどっかいくかなぁ、と思ってみてたら、俺の周りに体くっつけて寝始めたんだよ。うわーあちーって一瞬思ったけど、よく考えたら可愛いすぎる、と思ってしばらく猫と遊んでた。猫ってなんか、凄い体をこうエロい女の子みたいなかんじで摺り寄せてくるじゃん。エロい女の子と付き合ったことないけど。俺の脳の中でのエロい女の子像とぴったり合致したねその猫の仕草。その中でも、特に俺に夢中だった猫なんか、別れるときずっと俺をみてて可愛かった。その目つきときたら、別れ際に、もう一度キスをしてもらいたいけど、それを直接言葉にするのはちょっと恥ずかしいわ・・っていうかんじの、センチメンタルカンガルーな感じ。そんなシチュエーション体験したことないけどね。まぁ、そんなかんじで猫がその気になってきたところで、飽きて帰るというジゴロなことをしてしまったから、ちょっとその猫のこと気になってたんだ。それで、一週間後くらいに、ハニーに猫に餌をやりにいくからついてきてくれ。ということを言うと、ついてきてくれるというから、一週間後にまたその公園にいったんだよ。スーパーで猫の餌を買ってから。

 公園についたら、いたね。あのときの猫。その猫が俺のことを覚えてるかどうかは、わかんないけどやっぱし人懐っこい猫で、とても可愛かった。僕が猫と仲良くしていると、その公園をボランティアで管理しているようなおじさんに声を掛けられて、なんか餌あげるなら、あげてもいいよ。最近ちょっと、あんまし餌あげてないしなぁ、みたいなことをいわれて、この猫俺以外にもパパがいるのね・・と少々しょんぼり。というか、このおじさんなんで、俺が餌を持っていることわかったんだ?ってことに軽くびびりながら、僕がバッグをごそごそすると、猫のテンションが異常にあがって、僕にまとわりついてきた。そんで、餌をあげるとムシャムシャ食べ始めて、食べ終わると、眠くなったみたいで木陰で寝始める猫。可愛いすぎる。あと、この公園にはまだたくさんの野良猫が生息しているから、余った餌を他の猫にもあげようかなぁとか、思って他の猫にもあげた。そしたら、全然喰わないのよ。なにこれ?さっきの猫は綺麗に食べてくれたのに。そんなかんじで、お前ら可愛いくねー!ってかんじで、モヤモヤしてたら、なんか袋を持ったおじさんがやってきて、そのおじさんのところにみんな駆け寄っていった。その僕から離れていった猫たちをみていたら、なんかおじさんにご飯貰ってる。えーー!!?しかも、なんかおじさん手作りっぽい!タッパに入ってる!うわー、こいつら俺の餌じゃまずくてくえねーってことか!キーー!ってなりながら、しょんぼりしていていたら、他の場所でも近所のおばさんやら、若い子とか、餌をあげてるじゃないですか。この公園って、一体猫何匹いるんだ・・・と愕然となりながら、餌をあげはじめた近所の人はみんな、あの猫の術にはまったんだな・・と思い、あいつら売れっ子キャバクラ嬢みたいな、上手な生き方してる!と思い、猫にちょっとした、社会勉強をさせてもらったような気持に。多分、誰かがこの公園で猫に餌をあげはじめたのを機に近所の野良猫がたくさん集まってきちゃったんだろうなぁと思う。いいことか、悪いことなのかわからないけど、まぁ、動物嫌いの人にとったら迷惑なのかなぁと思い、ちょっと複雑な気持にもなった。よくみてみると、どの猫のグループに餌をあげるかみたいな、分担まで決まっているような感じでみんな手際よく餌をあげていた。帰り際に、なんでこの餌はあの猫凄い喜んで、食べてくれたのに、他の猫は食べなかったのかなぁと、僕の買った猫のレトルトのような袋をみていたら、この餌は湯煎か、袋を開けて電子レンジで温めてあげてくださいって書いてるううう!!うわー、暖めなきゃいけないやつだったのか・・。どうりで、あんまし喜ばれなかったわけだ。あ、でもあの僕を気に入ってくれてたあの猫は凄い勢いで食べてくれてたけど、まさか!せっかく、また会いにきてくれたのに、喰わないと傷つくかなぁ、こいつ・・みたいな感じであの猫に気を遣われたの?え?うわーやっぱし、あの猫可愛いい。といったかんじで、女の子にも、猫にも色々と騙されながら生きている僕の夏の猫メモリアルでした。

投稿者 shocola : 2003年08月23日 22:18
コメント
アバウト
このサイトについて
メールフォーム
過去ログ
2011年06月
2010年02月
2009年02月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2007年09月
2007年03月
2006年10月
2006年08月
2006年07月
2006年05月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2001年02月
最近の文章
これからのこと(1)
草食系男子
シフォン主義
オウチ
ペンギンの触りごこち
suzy's zoo
憧れ
リンク
Add Your Links Here
カテゴリ
クルテク[5 items]
チェブラーシカ[4 items]
ムーミン[3 items]
メルヘン[18 items]
検索


メルヘン

チェブの存在は知っているのなら絶対観た方がいいとおもうよ

あの日本のムーミンアニメとは別物で、素敵だなぁと思います。

クルテクはチェコの子供たちの永遠のアイドルです。

サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト

 since 2001.02.13
Powered by
Movable Type 3.17-ja
Syndicate this site (XML)