2011年06月12日

これからのこと(1)

 お久しぶりです。ショコラです。ちょっと前に僕、30歳になったんです。30歳といえばもうりっぱな大人ですね。僕が小さい頃に漠然と想像していた30歳の成人男子といえばチョビ髭に咥えタバコで、可愛い子猫を膝に抱えながら可愛い子供たちに、ちゃんと勉強するんだぞ〜とかぼんやり小言をゆったりする、ゆるふわなイメージだったんだけど現実に30歳を迎えた僕が最近やったことは、買い物に行った時に何気なく入ったぬいぐるみ屋さんで、今までみたことがないレベルの輝きを強烈に放った異常な可愛いさのぬいぐるみをみつけてしまって、これ買ってもいい?ってハニーに相談したところ、買ってもあなたはすぐに飽きるから絶対に駄目だし何歳だと思っているの?みたいな正論を言われて、渋々引き下がったあげくに、やっぱりどうしても欲しくなったので、その三日後くらいに一人で買いに行ったりしてました。ちなみにそのぬいぐるみやさんは、小さな子供がその場で機械でお腹に綿をつめて(綿の量も自分好みに微調整できる)、名前をつけて、最後にハート型の形をしたものを自分の手のひらの上に置いて、ふ〜って息を吹きかけて命を吹き込んでから、ぬいぐるみのお腹に自分の手でそのハートを入れるみたいな儀式を一通りディズニーランドのお姉さんみたいなテンションのお姉さんと一緒に行わなければならない、という 30歳の成人男子には大変難易度が高いハードルを超えなければいけませんでした。流石の僕でもちょっとキツかったので最初に、親戚の子供にあげるものだから、みたいなことをゆってその儀式を少し省略して欲しいみたいな雰囲気を匂わせてたんだけど、ぬいぐるみやさんのお姉さんは鬼教官のような感じで、お名前は何にしますか〜?チーキーちゃんです。それではチーキーちゃんに命を吹き込んであげてくださ〜い♩ふ〜〜。みたいなやり取りを正規の手順で全て行うことになりました。そんなこんなで産みの苦しみを大変に伴ったチーキーは、本当に可愛く、僕を大変癒してくれています。

 そんな感じで平穏にチーキーと一緒に暮らしている時に、あの3月11日の東日本大震災が起きました。最初の地震の時僕は、とある大きなメーカーの情報システム部門の人たちと一人で打ち合わせをするために、向かっている途中でした。僕のお仕事は企業インフラである基幹ネットワークを会社単位で数社担当していて、いろんな業種の関連会社のネットワークをもっと統合して一元管理できるようにプライベートな一つの大きなクラウドの中に取り込んでいくために、論理的にグループ会社単位で独自に構築されてしまっているネットワークをどうやって統合していくか、みたいなことを考えたり、計画したり、作ったりして、国内外複数の通信キャリアのサービスを組み合わせて作ったインターネットとは論理的に分離された閉じたインターネットを統合管理している部署のひとです。皮肉なことに、そのときの打ち合わせはその会社が抱える国内、海外にある複数の工場が繋がっているネットワークを、重要なシステムやサーバー群のある生産拠点が大きな自然災害などで被災した場合に、もう少しリスク分散できるようにネットワーク構成を大きく変更しましょう、というもので、3.11前と後では、言葉の重みも意味も全く変わってしまったBusiness Continuity Plan 策定の一環でした。そして偶然にもその会社は福島と茨城に大きな工場を持っていました。もうひとつ、大きな偶然として、僕の両親は父親が定年退職を迎えたタイミングで田舎暮しをするために今、田舎のわけのわからない場所に住んでる、というお話は以前したと思うのだけど、ミラクルなことに場所は宮城県の石巻市でした。

 都内のターミナル駅で降りて打ち合わせ場所に向かうためにバスに乗ろうとしているときに、今まで生きてきて経験のないくらいに長い時間大きく揺れて、どうしていいのかわからず某然と今にも倒れそうな高層ビルをぼーっと眺めていました。その間、見知らぬおばちゃんにずっとスーツの袖を握られてました。揺れが収まって、ん?っておばちゃんの顔をみると今にも泣き出しそうな小さな女の子みたいな顔をしていたので、ビル倒れなかったから大丈夫ですよ、とよくわからない励ましなのかなんだかわからないことをゆって、状況が全く飲み込めないまま僕は、打ち合わせに遅刻しちゃう!と思って、バスに乗って打ち合わせ場所に向かいました。その時既に都内の私鉄やJRは全線運休になっていることも知りませんでした。打ち合わせの場所に着くと、当然だけれどその会社のひとたちはみんな避難してビルから全員出て広場みたいところに集まっていました。なんとか打ち合わせ予定だったひとたちに会えて、打ち合わせはとりあえず中止だね、と笑いながら、震源地は宮城県のほうみたいだけどショコラさん実家どこだっけ?みたいなことを言われて、一瞬頭が真っ白になりました。地震が起きてからピクリとも電波が繋がらなかったiPhoneを地面に叩きつけたくなる衝動を抑えながら、こういう時に電話は繋がらなくなる仕組みも知っていたはずなのに、200回くらい両親に電話をしました。そして一度も繋がりませんでした。そのあと、交通網が完全に麻痺してしまった都内を帰宅難民者の一人として、2 時間半くらいかけて自宅目指して歩いて帰りました。帰宅してから、僕の頭の中と同じくらい錯綜してまともに情報を掴めずにもがき苦しんでいるTV放送を死んだ目で眺めながら、無意識に、繋がらない電話を夜中まで両親の携帯電話にかけ続けました。二百何十回目だか分からないけれど、世の中不思議なことも起きるものです。夜中の12時過ぎ頃、母親に電話が繋がりました。そこではじめて、両親も犬も無事であることを確認できました。電気、ガス、水道は全て止まっている、屋根が一部壊れた、車のガラスが激しく割れたけどなんとか乗れるしガソリンはある、津波の被害は奇跡的に免れて浸水はしなかった、食料と水と灯油は一週間くらいならなんとかなる、という情報を1分くらいで聞き出して携帯電話はライフラインになるから使わない時は電源を切っておくようにしなさい、明日から毎日夜7〜8時を安否確認の時間にするからね、とゆって電話をすぐに切りました。頭が錯綜していた割には、電話が繋がった瞬間に全神経が研ぎ澄まされてすごく冷静だった自分に少しびっくりしつつ、電話を切ったあと、ずっと高ぶっていた緊張の糸が切れて、涙が溢れて止まらなくなりました。世界は基本的に残酷なものであることは知っていたけれど、涙でぼやけた被災地のTV映像を眺めていたら、30歳の男子がしくしく泣いてばかりもいられないね、きみも、ぼくも、このヘンテコな世界でこれからやっていくわけなんだから、とチーキーに、もそもそと話しかけてからその日は眠りました。(続く)

投稿者 shocola : 23:19

2010年02月14日

草食系男子

 ハニーから、あなたって草食系男子のパイオニアなんじゃないの?みたいな意味不明なことを言われたので、俺は女の腐った系男子だよってゆったら、ナチュラルに納得しながらも、でもあなたは限りなく天使に近い人だからってフォローされました。草食系男子の定義が良く分からなかったので、草食系男子を題材としたエロDVDがソフトオンデマンドあたりから出てないか探してみたら普通に発売されていたので、この言葉も広く一般化されているのだなぁと感慨に耽りながらパッケージ内容の説明を読んだら草食系男子が肉食系女子にやられちゃうみたいなゴミ屑みたいな内容っぽいんだけど、草食系男子のエロDVD作るんだったら、草食系男子の企画はいけます!って得意げな顔してゆってるワークライフバランスをとても大事にするタイプの広告代理店の女性社員の頬っぺたに、草食動物の中で恐らく一番長いおちんちんの持ち主であるキリンのおちんちんをぎゅうぎゅう押し付けるみたいな企画モノを作ればちょっとは見てみたいけどね。そういえば、中学2年生の時にクラスのお友達から、お父さんのエロビデオを家で発見した!!まだみてないから今度みんなで見よう!!!みたいなこといわれて友人3人でホームパーティ的な感じでビデオ鑑賞会をする運びになったことがあるんだけど、当時純真な僕たちはまだエロビデオを見たことがなかったし、当然女子と付き合ってるみたいな男子もいなかったので、かなりドキドキしながらそのエロビデオをみんなで観たんだけど、それがガチンコすぎる無修正の獣姦もので、大きくて綺麗な白馬と白人女性が延々とセックスをするという内容で、僕たち3人は少し泣きそうな顔をしながらテレビを消した思い出があります。生まれて初めてみたエロビデオが草食動物系だったので、ある意味僕は草食系男子を名乗ってもいいのかもしれないですね。

 最近の近況だけど僕はとりあえず、30歳くらいまでに本当の可愛いらしさを手にいれる決心を3年くらい前にしたはずなので、フッサフッサでモッコモッコの毛の下に誰にも負けない筋肉をつけるために、無駄に仕事を頑張ってます。会社は馬鹿なので、仕事が出来るふうに装っていればほんとに出来ると思ってむつかしそうなプロジェクトを任せてきたりするので、それを敢えてナチュラルに引き受けて血ゲロを吐きながらなんとか成功させるみたいな感じなことを繰り返してます。半年くらいかけて僕が中心でやってきた案件があって、数社共同でやってクライアントはもうお金をたくさん出してるし、後にはひけないみたいな感じのやつで毎週のように沢山の人が出る打ち合わせを繰り返しながらこの間やっとそれが無事に終わりました。そのクライアントの会社は会社のシンボルであるマスコットがあって、受付にもオフィスの中にもそのぬいぐるみがたくさんあって、それがかなりのレベルで可愛いんです。僕は無事にプロジェクトが終わったらこれ僕に下さい、って向こうの偉い人に打ち合わせの度に言おうかと思っていて、結局言えずに終わってしまいました。結局ぬいぐるみは貰えないわ、あの案件無事に終わったらしいよみたいな話だけ部署に伝わって、よりややこしそうな案件を任せようとしてきたりしてきて、別に給料が上がるわけでもないし、30歳までに本当の可愛らしさを手にいれるための修行だからやってるだけなのに若干うんざりしてきました。ぬいぐるみは受付で待ってる時にいつも触ったりしてたから、察しろよ!と思ったけど、大人は馬鹿だからわかんないみたいです。もう29歳になったので、かなり鍛えられてはきたけど、30歳になるまでにはちゃんと、その一番大きいぬいぐるみ下さい、って言えるように頑張ります。今日はバレンタインデーだし、頑張って更新しました。このサイトのサーバ代年間3000円くらいなんだけど、年に一回しか更新してないから、一回更新するのに3000円かかってることになってるけど、僕のライフワークなのまだまだやめないよ!次回は奈良旅行に行った時のことでも書こうかな。下の写真は正月実家に帰ったときに父と母と犬2匹でお散歩に行った時の写真。キンと冷えた澄んだ空気の中、薄く凍った水たまりを犬と一緒にカチャカチャ割ったりして楽しかったです。

IMG_1416.jpg

投稿者 shocola : 01:03

2009年02月23日

シフォン主義

 正月に猫のニット帽を買ったんだけど、頭のテッペンに猫の尻尾みたいなフサフサがついていて、頭の上でずっと猫が寝ているみたいな気持ちになれるので普段は帽子なんてあまりかぶらないのだけど、新年を迎えてからずっと、どこへ行くときでもその猫の帽子をかぶってました。そして、正月休みが終わって初出勤の時に、いつも通り猫の帽子をかぶろうかと思っていたわけなんだけど、スーツ着てネクタイ締めてる時に、今日から猫の帽子をかぶれないっていう衝撃の事実に気付いて、スーツに合うか一応鏡みたけど、若干違和感があったので、大人しく猫の帽子をそっと家に置いて会社に行きました。僕は一生この猫の帽子を会社に行くときにはかぶることができないんだと、ちょっと絶望していたわけなんだけど、こないだ日曜日に会社に行かなければならない用事があったのです。普段の僕ならば、ランボー怒りの休日出勤、な気持ちで一杯なはずなんだけど、その日は猫の帽子をかぶれることを知っていたので全然辛くなかったです。そして私服を着て、猫の帽子をかぶり、日曜日に会社に行って、無事に予定していた仕事を猫の帽子をかぶったまま終えました(たまたま休日出勤してるひとが全然いなかったから)。今の職場は都内のかなり高層階にあるオフィスで、暗くなると喫煙所から夜景が凄く綺麗に見えるので、猫の帽子をかぶったままその喫煙所に行って、ゆっくりとタバコを吸い、珈琲を飲みながら、頭の上の猫と一緒に、普段はまともに見もしない夜景をゆっくり眺めました。その日は広いオフィスでずっと猫と二人っきりでした。そしてぼんやりと、100年に一度とも言われる世界的な経済危機について少し考えたりしたけど、今日の帰りにKIHACHIのソフトクリームを食べるか、コールドストーンアイスを食べるか、どっちにしよう!!ってことで頭が一杯になったので、考えるのは止めました。今みたいな大変な時代になると、みんな自分がやらなければいけないことや、考えるべきことの対象を馬鹿みたいに広げすぎて、うわあああ!!ってなって、外観すらもよく分かっていない抽象的なシステムやルールみたいなものに目くじらを立てたりしがちだけど、世の中が理不尽だなんて何を今更!!だよ。少なくとも僕は、そんな得体の知れない何かに守って貰おうなんて考えたこともないし、いちいち付き合ってられないというか、どうでもいいです。少なくとも猫の帽子はかぶらせてくれたし、僕の浅はかな絶望や想像力なんて大したことないのです。そんな感じでモソモソ頭の上の猫に脳内で話掛けたりしながら、KIHACHIのソフトクリームを一人で食べました。そして、ラズベリーチーズ味のマフィンを一つ買って帰りました。そういえば昨日、2月22日はニャンニャンニャンで猫の日でしたね。

nekobousi_kuusou.jpg

投稿者 shocola : 23:52

2008年10月25日

オウチ

 両親がわけのわからん田舎に広い敷地のオウチを買った、というお話を以前したと思いますが先週末に姉と一緒に行ってきました。僕が行くまでにはターシャの庭みたいにブリティッシュなガーデンにしておいてね、とあれほど口を酸っぱくゆっていたのにいざ新しいオウチに辿り着いたら完全に北の国から、じゃないですか。ターシャの庭じゃないばかりか、敷地内に、向こう側が見えないくらいの竹薮が生い茂ってる一角がありました。生まれも育ちもビルディングの中で育った根っからのシティボーイの僕としては、!!??ってなりました。まぁ、気を取り直して、竹の子の里が大好きなことだし、パンダがいるかもしんないし、と思い竹薮の方へ駆け寄ろうとしたら後ろからお母さんが、そっちのほうに古井戸があるかもしれないから気をつけて〜!って言われました。ちょwwかもって何!?場所が分からないってこと!!??って思って、村上春樹の小説のねじまき鳥、の主人公が井戸に潜ってもそもそ瞑想するシーンやら、映画の貞子を思い出したりして猛烈に怖くなったので、広大なお庭を後にし大人しく家に入りました。2階建ての一戸建て自体が初めての体験なので、2階!2階!!って思いながら、ベランダにひゃっほーい!って出てみたら、早速みたことないクラスの大きさの蜘蛛に遭遇して、泣きそうになるくらいにびっくりしたので急いで家の中に戻りました。そんな感じで、僕と姉はちょっと老いたサツキとメイのような感じで結構楽しんでました。そしてここは完全な世界の果てだとばかり思っていたら、車で30分くらいのところに広大なジャスコ(映画館もあった!)があることを知り、全然トトロじゃないじゃん!と思いつつも、ジャスコがちょっと楽しかったりもしたのでおあいこです。ゴールデンレトリバの二人はいつものように、僕たちが帰ってきたら異常な興奮をしており、僕たちの周りをくるくる回って、喜んでくれました。そして、僕が彼らのために街を捜し歩いて買ったかなり可愛い猫のぬいぐるみ、をあげました。二人分。もう結構歳になる女の子の方の子は、ぬいぐるみが異常に好きで、彼女ほどぬいぐるみのあげがいのある生き物は地球上には存在しないと思う。ぬいぐるみが可愛いければ、可愛いほど喜ぶ。以前僕がいまいちかもなぁ、と思って妥協してペット屋さんで買ったぬいぐるみをあげた時の、あの気を遣った微妙な喜び方は忘れられません。それ以来、僕は真面目に彼女が喜ぶぬいぐるみを毎回買うことにしている。まぁでも、彼女の中での口に咥えて嬉しい物ランキングとしては、鼻をかんだティッシュ≧凄く可愛いぬいぐるみ>可愛いぬいぐるみ、という感じなのでぬいぐるみは正直僕の自己満足です。両親と犬二人の一日の流れは大体こんな感じ。朝起きて、雨だったら家でのんびり読書やネットなど。晴れだったら犬を庭に解き放って遊ばせつつ、竹の伐採(ターシャの庭にするために樹木を植えるスペース作り)、畑作り(雑草抜きと耕しなどの土壌造りが主)、石釜造り、炭作り、木材を使った創作活動、そして種を植えている雑草を抜いて頑張って耕した土壌を犬に掘り返されてむちゃくちゃに(理由はふぁふぁだから)。という無限ループを繰り返しているようなので、結構楽しそうです。最後に犬が畑を掘り返す、という工程があるため作物の収穫まではなかなか難しいよ!って母親がゆっていましたけど、頑張って!!

61to6Uo9lNL._SS400_.jpg

投稿者 shocola : 11:50

2008年09月24日

ペンギンの触りごこち

 先週末に八景島シーパラダイスに行ってきた訳なんだけど、無抵抗なペンギンや白イルカの本物に触れるだなんて知らなかった。何このスペシャルイベント。白イルカは近くで見るとすっごく大きくて、ちょっと怖かったけど可愛いらしい顔をしていて、僕に背中を触らせてくれた。顔のあたりを触られるのが嫌いみたいで、噛みつかれたりすることもあると係の人が注意をしていたので、白イルカの大きさにビクビクしていた僕は、もの凄くそっと、背中の触っても怒らなそうなところをさわさわと撫でた。もっとツルツルペタペタのヌルヌルかと思ってたけど、やっぱり君は哺乳類なんだね、という手触り。可愛い。イルカはほんとに、いろいろなことがわかった上で水族館で働いているような気がする。賢い子。僕のハニーはそんじょそこらの肥満児よりも食べ物のことをいつも考えているので、白イルカをみてずっと、ハンペンだ〜、ってゆってた。そして、イルカよりも実はインパクトがでかかったのがペンギンです。小さい小さい可愛いペンギンが飼育さんに抱きかかえられるような感じで、背中を丸めた状態でたくさんのお客さんに触られていた。順番に並んで、お触りタイムは一人2秒くらいしか与えらていない上に、明らかにペンギンが触られるのをそんなに嬉しくは思っていない様がみてとれるので、並んでいる小さな子供達もその愛らしい小さなペンギンを無理矢理強く触ったりする子はいなくて、そっと背中を触っていた。ペンギンを触ったのも初めてなんだけど、オーストラリアで本物のコアラを触った時と同じくらいインパクトがあった。ペンギンって凄く普通に小動物の触り心地。温かいしふぁふぁ。ぬいぐるみとか、ピングーとか、Suicaのあいつよりも100倍くらい実物の方が可愛い。僕の中でペンギンの小動物ランキングが異常に上がってしまいました。ペンギンは本当に可愛いです。あと、水族館施設も素晴らしいものだったし、イルカやアザラシの水上ショーも異常なクオリティだったしで、八景島シーパラダイスは本当に凄い所です。シーパラダイスには行ったことがあるけどイマイチだった、みたいなことを結構みんな言うんだけど、意味が全く分からない。それにしても、ペンギン連れて帰りたかった。ペンギン・・・。あと、綺麗にライトアップされた水槽で透き通ったお肌のクラゲ達がゆらゆら揺れている場所があって、僕がそこで脊髄反射的にポニョのお歌をフルコーラスで歌っていたら、小さい子が僕の真似をしてポニョの歌を歌い出したのはちょっと面白かったです。関係ないけど帰りに入った喫茶店でカプチーノ頼んだら、ウサギが出てきたよ。

usagi_cap.jpg

投稿者 shocola : 21:24

2008年09月15日

suzy's zoo

 Suzy's Zooってあひるのウィッツィーという日本語の絵本が普通に出てるの知らなかったから、今日買ってきた。レジでプレゼント用ですか?って言われたんだけど、俺しか読まないし、ある意味俺へのプレゼントではあるからラッピングしてもらおうかとも思ったけど、ラッピングはせずに帰ってきたよ。俺がぬいぐるみとか会社帰りに買ったりする時も必ず、プレゼント用ですか?って言うのやめてほしい。それにしてもウィッツィーの可愛さは異常。存在自体のふぁふぁ感は他の追随を許さないレベルだね。絵本は今のところ2冊出ていて、これから続編が出続ける模様。

suzy's zoo_01.jpg

suzy's zoo_02.jpg

suzy's zoo_03.jpg

 今週末はハニーが実家に帰っていたので、土曜日休出だったにも関わらず、時間を持て余して必要以上に自慰行為をしたりしてしまっていたので、街にでも行こうと思い、新宿ジュンク堂へ行ってきたのです。あと洋服を見たりした。僕は新宿ジュンク堂が好きなのと、EDIFICEの大きいショップがジュンク堂の近くにあるから新宿東口大好きっ子なんだけど、あと一つ大きな理由があって、東口の中央通りに俺好みの赤いお鼻の可愛い人がたくさんいるんだけど、あの新宿東口の守り神は、きっと新宿の犯罪発生率もかなり下げてると思う。数年前からいるんだけど、これ俺にしか見えてないかもしれないと思ってちょっと前に写真に収めたんだけど、やっぱり写ってました。ヨウコソ チュウオウドウリ。って日本語覚えたてみたいだし、カワユス。

higashiguti_mamorigami.jpg

投稿者 shocola : 21:20

2008年09月09日

憧れ

 チェブラーシカのデジタルリマスター版を見に行きました。全く同じものをDVDで57回くらい観ている僕としては、チェブを綺麗な大画面で見れるだけでも感慨深かったです。チェブは両親もいないし、お友達はワニのゲーナさんに出会うまでいないし、自分の生物学的な種類も分からないし、恐らくまだ幼いし、とてもさみしがり屋だし、そんな彼が唐突に理不尽な形で社会に放り出されるわけです。そして、それほどみんな助けてくれない。いきなり動物園で働けばいいんじゃない?って動物園に連れて行かれた挙句、動物園からは、お前は何の動物の種類か分からないからうちでは雇えないって言われる。そして、チェブを発見した人も冷たくって、今日泊まるところがない、ってチェブが可愛らしくゆってみたら、電話ボックスで寝れば?って言われる。そんなチェブだけど、彼はちゃんと自分の居場所を見つけていく。世の中の理不尽さや、精神的な孤独、そういう誰もが心に抱える不安感や、先行きの不透明さがもたらす疑心暗鬼でネガティブな感情、そういうぐにゃぐにゃしたものをチェブはミラクルな可愛いらしさだけで、ウラーッッ!って叫びながら、可哀想だと思わせる隙を与えない程のキュートさでぶち壊してくれる。チェブがチェブたるアイデンティティを獲得する方法論は、僕にとって、とても力強くて、憧れるのです。

cheburaaa.jpg

投稿者 shocola : 01:14
アバウト
このサイトについて
メールフォーム
過去ログ
2011年06月
2010年02月
2009年02月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2007年09月
2007年03月
2006年10月
2006年08月
2006年07月
2006年05月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2001年02月
最近の文章
これからのこと(1)
草食系男子
シフォン主義
オウチ
ペンギンの触りごこち
suzy's zoo
憧れ
カテゴリ
クルテク[5 items]
チェブラーシカ[4 items]
ムーミン[3 items]
メルヘン[18 items]
検索


メルヘン

チェブのDVDはマジでいいよ。15回くらい観たよこれは。

なんだこのメルヘンなDVDの箱は!?欲しすぎる。でも高いんだよね。限定ボックスらしい。

クルテクの世界観のメルヘンさは尋常じゃないですよ。

サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト

 since 2001.02.13
Powered by
Movable Type 3.17-ja
Syndicate this site (XML)